現在位置:
朝日新聞社インフォメーション >
NIE 教育に新聞を >
ののちゃんのDO科学 >
学習のポイント

植物のツルはなぜ巻く?

信州大学教授・小山 茂喜

印刷

 日本の伝統的なお正月料理といえばおせちです。みなさんはお正月、どのようなものを食べましたか? ののちゃんは黒豆が気に入ったようですね。おせち料理には、ふだん忙しいお母さんたちが正月くらいは休めるようにと保存がきく調理方法がとられています。また、お料理の一つひとつにおめでたい語呂合わせも考えられたりしています。今回のテーマから少し離れますが、発展学習としておせち料理について調べてみるのもおもしろいと思います。

 ●学習のポイント

 (1)ツル草の種類を調べてみよう。

 身の回りには、どのようなツル草があるか調べてみましょう。冬の時期には、枯れたツルしか見つからないかもしれません。どのようなところに生えていたのかを確認しておきましょう。実際の観察は春以降になります。まずは図鑑などで調べておき、成長が始まったら確認してみましょう。

 (2)アサガオのツルの長さと重さをはかってみよう

 アサガオの花の数調べや、葉の数調べはやったことのある人がたくさんいると思います。それより大がかりな、半年がかりの大研究にチャレンジしてみましょう。アサガオの種一つから、ツルがどのくらいの長さまで成長するか。また、そのツルの重さはどのくらいになるのか。さらには、どのくらいの種をつけるのか、根気よく観察して調べてみましょう。

 (3)ツルの巻きつき方を観察しよう

 紙面では、左回りと右回りのつるがあると書かれています。ツルのいろいろな巻きつき方も調べてみるとおもしろいとおもいます。ツルが何かに巻きつくときに、どのようにして巻きついていくのか。また、巻きついたツルがずれないようにするためにどのようなしくみがあるのか調べてみましょう。

 (4)巻きつかないツルも調べてみよう

 ツタのように、壁をはい登っていくツルもあります。棒などにからみつかないツルはどのようにして、どのようなしくみがあって、壁面をはい登れるのかくわしく調べてみましょう。

バックナンバー

過去記事一覧

NIE 教育に新聞を

 新聞、ニュースを調べ学習や自由研究に役立てるページです。ご感想・お問い合わせなどは、NIE事務局(ファクス03・5540・7469)まで。