朝日新聞社 NIE - 教育に新聞を -朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-
朝日新聞社 NIE -教育に新聞を-

新聞授業ガイドブックやワークブック 無料でお届けします

 朝日新聞社では、学校での新聞活用アイデアを紹介する「新聞授業ガイドブック」の改訂版を発行しました。授業ですぐに使えるワークシートを掲載した「新聞授業実践ワークブック」とともに、ご希望の学校へ無料でお届けします。
 ※お届けは4月中旬からとなります

 ★このページの最後に申込方法のくわしい説明があります。申込用紙のダウンロードもできます。


 ▼「新聞授業ガイドブック」 2019年3月発行(A4判24頁、カラー)

新聞授業ガイドブック 改訂版

 2020年度から実施される新学習指導要領は「社会に開かれた教育課程」「主体的・対話的で深い学び」を求め、教科を問わず、新聞活用が幅広く盛り込まれています。新たに導入される大学入学共通テストではさまざまな実用的な文章を題材に、複数の資料を読み解く出題が想定されています。新聞活用授業の可能性がますます広がっているといえます。
 新ガイドブックでは、国連が掲げるSDGs(Sustainable Development Goals、持続可能な開発目標)の17のゴールと関連する記事を付箋で結びつける授業デザインをはじめ、新聞スクラップや新聞づくり、複数紙読み比べ、投稿などへの取り組み方を紹介しています。新学習指導要領の新聞に関連する記述や朝日新聞社の教育関連サービス案内も掲載しています。

※在庫がなくなり次第締め切ります。学校あてに1校5部を上限にお届けします。
 個人でのお申し込みも受け付けますが、お届けは1部といたします。

 


 ▼「新聞授業実践ワークブック」2017年3月発行(A4判24頁、カラー)

新聞授業実践ワークブック 改訂版

 教室でのNIEを効果的に進めるため、すぐに使えるワークシートを数多く盛り込んであります。2017年版では学校・学級新聞のつくり方について取材や写真撮影、編集などのポイント、先生方やプロの様々な工夫を紹介したほか、新聞スクラップや社説の読み方、投稿欄の活用、新聞コラムの書き写しなどについて分かりやすく解説しました。


※在庫がなくなり次第締め切ります。
 学校あてに1校5部を上限にお届けします。
 個人でのお申し込みも受け付けますが、お届けは1部といたします。

 


【申込方法】
 上記の教材のお申込みは、
 (1)学校名 (2)所在地 (3)電話番号 (4)担当者名 (5)必要部数

 を明記の上、「新聞授業ガイドブック希望」など教材名を記入して
 ファクス (03-5540-7469)まで


★申込書のダウンロードはこちらから★
 (PDFファイル、WORDがダウンロードできます。
  ご希望のファイル画像をクリックして下さい。)

【お問い合わせ】
〒104-8011
朝日新聞社 NIE事務局 (住所不要)
[電話] 03-5540-7870 (受付時間:平日 午前10時~午後6時)

★ NIEとは ★

 「Newspaper in Education(教育に新聞を)」の頭文字をとった略称のことです。
【→つづきを読む】


★ 新聞授業ガイドブック ★
  改訂版を発行 new

新聞授業ガイドブック 改訂版

朝日新聞社では、先生方のNIEの実践に役立つ「新聞授業ガイドブック」を改訂しました。授業ですぐに使えるワークシートを盛り込んだ「新聞授業実践ワークブック」とともに、ご希望の学校へ無料でお届けします。【→詳しくはこちら】


★ SDGs授業デザイン ★

SDGs授業デザイン


★ 新聞出前授業 ★

新聞出前授業


天声人語 書き写しノート


朝日新聞デジタル



リンク一覧


★ NIEとは ★

 学校などの教育現場で新聞を教材として活用し、児童・生徒たちの学力とモノを考える力の向上を図るための活動です。歴史的にみると、1930年代にアメリカで始まり、世界各国に広がっています。日本では1985年の新聞大会で提唱されました。89年から、一定期間学校に新聞が無料で提供される「NIE実践指定校」制度がスタートし、その後少しずつ規模を拡大して現在にいたります。