現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 映画・音楽・芸能
  4. 映画
  5. 記事

「下山」「帝銀」「三億円」 実在事件描いた映画を特集

2010年5月7日

 社会を揺るがした事件や犯罪を描いた映画を集めた特集上映「実録!犯罪列島」が15日〜6月4日、東京・シネマヴェーラ渋谷で開かれる。

 上映作品は18本。戦後最大の謎ともいわれる下山事件を題材にした山村聡監督「黒い潮」、平沢死刑囚役の信欣三の抑えた演技が光った熊井啓監督「帝銀事件 死刑囚」、リアリズムを追求し、緒形拳が熱演した今村昌平監督「復讐(ふくしゅう)するは我にあり」など秀作がそろう。

 中川信夫監督「毒婦高橋お伝」、石井輝男監督「実録三億円事件 時効成立」、「吉展ちゃん事件」の捜査手記をもとにした関川秀雄監督「一万三千人の容疑者」ほか、木下恵介、高橋伴明、阪本順治らの監督作も上映される。

 二本立てで1400円。電話03・3461・7703(同館)。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内