現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 映画・音楽・芸能
  4. 音楽
  5. 記事

ジョージ・クリントン ジャズ祭に出演

2009年10月8日

写真拡大  

 ファンク界の大御所、ジョージ・クリントンが9月に行われたジャズ祭「東京JAZZ」に大所帯バンドを率いて出演し、強烈な印象を残した。

 約1時間のステージは濃密だった。「ステージでジャムセッションをするのは人生の一部。ファンクは私の人生そのものだ」と68歳のクリントン。

 「ホワイトハウスを黒く塗れ」「ワン・ネイション・アンダー・ア・グルーブ」といった曲も発表してきた。オバマ大統領について「彼の出現自体がクールで、感謝している。みんながよりよい生活を送れるようになると信じている」。

 一方で、友人マイケル・ジャクソンの死には心を痛めた。「彼が8歳の時から知っていて、曲も提供した。ビューティフルな人間だった」

 音楽仲間のスライ・ストーンが同時に来日していて、サプライズ出演も考えていたという。だが、「彼は衣装が準備できてなかったし、体調もいまいちだったから」と、共演は幻に。「でも、スライとつくったロックアルバムを来年に出す予定」。リリースが楽しみだ。(藤崎昭子)

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内