現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 映画・音楽・芸能
  4. テレビ・ラジオ
  5. 記事

新相棒・及川光博はツッコミ担当 ドラマ「相棒」新シリーズ

2009年10月7日

写真:「相棒 season8」に出演する水谷豊(左)と及川光博「相棒 season8」に出演する水谷豊(左)と及川光博

写真:共演者だけでなくエキストラにも的確なアドバイスをするという水谷。「勉強になることばかり。水谷さんのパワーを感じる」と及川共演者だけでなくエキストラにも的確なアドバイスをするという水谷。「勉強になることばかり。水谷さんのパワーを感じる」と及川

写真:前夜から緊張しすぎてお腹が痛くなりそうだったという及川。「ふつつか者ですがよろしくお願いします。全力を尽くします」とあいさつ前夜から緊張しすぎてお腹が痛くなりそうだったという及川。「ふつつか者ですがよろしくお願いします。全力を尽くします」とあいさつ

写真:水谷に「チャーミングな方で、それがチラチラ見え隠れする」と言われ及川は「チャーミングさは警部にはかないません」水谷に「チャーミングな方で、それがチラチラ見え隠れする」と言われ及川は「チャーミングさは警部にはかないません」

写真:及川に「よくものをこぼす」と暴露され笑う水谷。「楽しみに残しておいたエビフライも飛びました…」拡大及川に「よくものをこぼす」と暴露され笑う水谷。「楽しみに残しておいたエビフライも飛びました…」

 14日から始まる連続ドラマ「相棒 season8」の放送に先立ち、主人公の警部・杉下右京を演じる水谷豊と、今回から「新たな相棒」になる神戸尊役の及川光博が6日、東京・六本木のテレビ朝日で記者会見にのぞんだ。水谷は「密命をおびてやってきた神戸が新鮮な空気になっている。いい感じです」と自信を見せた。(アサヒ・コム編集部)

 8月に撮影が始まり、すでに第5話まで撮り終えたという。水谷は「右京は活躍してきたのに出世してませんね。神戸とは、一気に距離をつめて仲良くなることはないが、事件に向かう姿勢は一緒。このあたりのやりとりもスリリングで面白いと思う」と話した。

 「新相棒」に抜擢(ばってき)された及川は「自分の人生において大きなチャンスだと思い、覚悟を決めた。ようやく転校生気分が抜けてきたところ。プレッシャーもあるが、それ以上に喜びが勝っていて、やりがいを感じている」と語った。「神戸は、杉下警部に突っ込んだりするツッコミ担当。キャラクターをしっかりと演じたい」

 水谷は及川を「映画などで見て、飾らない(演技をする)人だなと思っていたが、思った通りの、ごまかさない人だった。普段は自分の周囲をブロックしている『壁男』に見えたが、ノーブロックで楽でした」と言うと、及川は「両手ぶらり戦法です」と返し笑わせた。

 小学生の頃、水谷にあこがれ、ファンだったという及川は「水谷さんは本当に優しくて、転校生に良くしてくれる先生のよう。家に『熱中時代』のLPレコードがあるので、撮影がすべて済んだらサインしてもらいたい」との希望を明かした。

 00年に2時間ドラマとして始まった「相棒」。08年には映画化もされた。右京を演じて10年目となる水谷は「今回もいつものように、遠くを見すぎず、振り返らずに、この半年を2人で過ごしていこうと思う」と話した。

 第1話は午後8時からの2時間スペシャルで放送される。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内