現在位置:
  1. asahi.com
  2. エンタメ
  3. 映画・音楽・芸能
  4. テレビ・ラジオ
  5. 記事

フジ系「ミュージックフェア」放送2300回に

2010年3月2日

 フジテレビ系の歌番組「ミュージックフェア」の放送回数が6日、2300回を迎える。1964年から週1回放送されてきた長寿番組だ。記念の公開録画に出演したベテラン歌手、森山良子らに番組への思いを聞いた。

 森山の出演はデビューした67年から。6日の放送で112回を数える。「出演が歌手人生の励みになってきた。共演する若い人たちが緊張している様子を見ると『私もそうだったよ』と声をかけたくなる」と話す。

 視聴率競争に敗れて消えた歌番組も多い中、製薬会社1社がスポンサーを続けてきたことが長寿番組となった大きな理由だ。「厳しい時代にも、私たち歌手を応援してもらえることに感謝したい」と話す。

 チーフプロデューサーのきくち伸さんは「意外性のある共演や曲目に、常に挑戦してきた」という。海外の著名アーティストと日本の若手の共演は視聴者の反響も大きかった。

 生演奏にもこだわる。「カラオケでCDの通りに歌ったら、CDの再現性に勝てない。時間や経費をかけても生の音の感動を伝えたい」ときくちさんは話す。

 大阪市の大阪厚生年金会館で2月に行われた公開録画も、全曲を生演奏した。森山、さだまさし、徳永英明、SPEEDなど11組16人が出演。3月6日から4週にわたって放送する。(寺下真理加)

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内