[PR]

 今回も校閲の話をします。「校閲って何?」という人は、必ず前回を見てください(笑)。
 まずはちょっとしたお遊び。人はいかに間違いに気づかないか。ためしに次の文章を読んでみてください。

 こんちには みさなん おんげき ですか? わしたは げんき です。
 にんんげ は もじ を にしんき する とき その さしいょ と さいご の もさじえ あいてっれば
 じばんゅん は めくちちゃゃ でも ちんゃと よめる という けゅきんう に もづいとて
 わざと もじの じんばゅん を いかれえて あまりす。

 「んん?」と感じた人も多いでしょうが、恐らく大半の人はこう「自然に」読めてしまったはず。

 こんにちは 皆さんお元気ですか? 私は元気です。
 人間は文字を認識する時 その最初と最後の文字さえ合っていれば
 順番はめちゃくちゃでもちゃんと読めるという研究に基づいて
 わざと 文字の順番を入れ替えてあります。

 もちろんこれは極端な例というか、まさにお遊びで、実際はいくら何でもこんな誤字だらけの文章を書く人はいないと思います。しかし子どもの頃、「エレベーター」を「エベレーター」と思っていた人、いませんか? 子どもならともかく、大人でもインターネットや口頭で「雰囲気(ふんいき)」のことを「ふいんき」と書く(言う)人はよくいます。思わず書いたり言ったりならまだしも、本当に「ふいんき」だと信じている人もかなりいて驚かされます(そこのあなた、大丈夫ですか?)。
 「延々と~する」の「えんえん」を「永遠」と勘違いしている例もよくネットで見かけます。まあニュアンスとしては当たらずといえども遠からずですから、意味は通じるのですが……。
 「ふいんき」の場合、たちが悪いのは最近の辞書ソフトが「ふいんき」と打っても「雰囲気」と変換してしまう(してくれる?)こと。ちなみに今この原稿を打っているパソコンに入っている辞書ソフトは「ふいんき」と打って変換すると「雰囲気<「ふんいき」の誤り>」と、一応警告を出した上で変換しました。しかし手元のスマートフォンでやってみると、何の警告もなく変換されてしまいました。これでは「誤り」だと気づかないまま成長してしまうのでは……と個人的にはヤキモキします。
 以上の例とよく似た「間違い」のパターンに「同音異義語」があります。ある意味これは日本語の特徴でもあるのですが、それだけに最新の……もとい「細心の」の注意が必要です。私がこれまで見てきた新聞記事でも、
 ・火事の原稿で「消化器」/暴力団同士の抗争で「発泡」
 がそれぞれ一箇所だけ出てきてギョッとしたことがあります(もちろん前者は「消火器」で後者は「発砲」が正解)。前者はさておき、後者は漢字の旁(つくり)、すなわち音を表す部分が一緒なだけに、漫然と見ていると見逃してしまいます(そして恥をかきます)。
 展覧会の「日時」をお知らせする記事で「会場時間は午前10時から午後4時まで」てのもありました。正しくは「開場」。これなんて、展覧会の記事だけに「会場」という言葉に違和感がないから危険度大です。
 「さすがにこれは分かったよ~。それにこんな言葉、ESで使わないし!」「変換ミスなんてパソコンだからでしょ? WEBエントリーならまだしも、手書きなら大丈夫!」なんてうそぶいているあなた。ではこれはどうですか?
 ・「以外/意外」の使い分け
 ・「務める/努める(勉める・力めるとも)/勤める」の使い分け
 ・「追及/追求/追究」の使い分け
 ・「更生(甦生とも)/更正/厚生」の使い分け。更に「後生/後世」の使い分け
 これらは手書きでも悩む人が多いのでは? 全部正しくできたら大したもんです。ん、答え?  辞書を引け!(笑)
 以前も(というか何度も)書いたと思いますが、就活において「適切な」日本語を使うことは大前提です。就活が「ビジネス」の世界、要は「オトナ」の世界に入門するための入り口である以上、そこで使われる言葉は最大公約数的な「共通言語」でなくてはならないのです。敬語もそうですし、「正しい」文法を使うこともそう。そして誤字脱字をしないことも。
 では実際、どうやればそういった「ミス」を救うことができるのか。まさにそのための「校閲作業のテクニック」を次回にお話ししようと思います。
 今週のおまけ ~「キューピー」「キャノン」は間違い~
 前回のおまけでは作家や芸能人の「名前」を通して、固有名詞の間違いには気をつけてね、と伝えました。皆さんが無事企業に入れば、社内・社外含めたくさんの人と出会います。当然仕事でもメールや契約書、色んなところで「名前」が出てきます。
 ちなみに「名前」は人だけでしょうか。そんなことはありません。皆さんも、既にたくさんの「名前」に直面しているはずです。そう……「社名」ですね。
 世間一般に「通称名」の表記を希望している会社は多いですが、正式名称もきちんと押さえておきたいところ。
 ・JR東日本 → 東日本旅客鉄道
 ・NEC → 日本電気
 ・NTT → 日本電信電話
 ・TBS → 東京放送ホールディングス(テレビはTBSテレビ) ……など。
 口に出す時は小文字ですが、実は正式表記は大文字の会社。間違えると大変失礼です。例えば 「キューピー」は社名としては間違い。正解は「キユーピー」です。ほかにも「キヤノン」や「富士フイルム」などなど。
 更に「株式会社」の場合、前に書くか(株式会社***=通称「まえかぶ」)後ろに書くか(***株式会社=通称「あとかぶ」)は、皆さんが思っている以上にとても重要な差です。逆に書くことは名前間違いと同じくらい(というか、ある意味「名前間違い」とイコールです)失礼だと心得ておきましょう。(文 中原光一)

produced by 就活ニュースペーパー