「三井住友銀行」の重要設問で高評価を得る書き方と対策

<第6回> 文 坂本直文 有料会員限定記事

 近年、選考試験を3月から7月くらいの間に複数回実施する企業が増えています。金融系は特に多いです。3月から5月の選考試験に落ちた方、留学のため就活開始が遅れた方など、チャンスはまだあります。たとえ大企業でも、5、6月の選考試験を受けて内定を得ることが可能です。気になる企業のウェブサイトで採用情報を確認してみましょう。

 たとえば、メガバンクの人気企業「三井住友銀行」を確認すると、今期は選考試験を5回実施します。第5回のエントリーシートの提出締め切りは5月31日なので、今からでも間に合います。以下、短期間で内定レベルのESを書くための方法・対策を紹介します。これらは、5月以降の選考試験を受ける他企業のESを書く際にも役立つでしょう。

残り:1667文字/全文:1667文字

坂本直文(就職コンサルタント)
プロフィル 坂本直文(就職コンサルタント)

「内定者はこう書いた! エントリーシート・履歴書完全版」(売り上げ12年連続1位/エントリーシート部門)、「内定者はこう話した! 面接完全版」(売り上げ5年連続1位/面接部門)等、著書は114冊。

この記事をシェア