インターンシップ以外にも「社会」を知る方法がある!

<第3回> 文 谷出正直
taa(Getty Images)
taa(Getty Images)

 前回のコラムでは「インターンシップ」を活用して「社会(企業や仕事)」を効果的、効率的に知る方法をお伝えしました。今回は、インターンシップ以外で「社会」を知る方法、取り組みについて考えてみたいと思います。

 学生のみなさんは、いよいよ夏休み。まとまった時間をつくりやすいので、研究や実験、部活やサークル、アルバイト、キャンプ、旅行など充実した学生生活を思い切り満喫することができますね。併せて、自分の将来を考えることや、そのための行動を起こす時間もとってみてください。大学を卒業後、もしくは大学院を修了して社会に出ることを考えているのであれば、避けては通れませんので……。

 実際に考え始めると、将来を決めるためには何が必要か? という「準備」に気づきます。以前のコラムでも記載しましたが、「準備」としては「自分自身」と「社会」を知ることです。その延長線上に「就職活動」があります。

 「社会」を知る方法をイメージしてみてください。インターンシップサイト(就職サイト)やスカウトサイト、大学でのガイダンス、合同企業説明会、就活関連の書籍やインターネットの情報、口コミサイトなど。それぞれ就活に特化した情報源なので、確かに効率よく情報収集はできますが、決してそれらだけではありません。

 社会人に「入社した企業を知ったきっかけは何ですか?」と聞くと、「〇〇ナビで見つけた」「合同企業説明会で知った」と答える人がいます。他には「友人から、面白い会社があってあなたに合うと思うから紹介すると言われて」「研究室の先輩から教えてもらった」「参加した説明会でたまたま隣に座った就活生から紹介された」「両親や親戚から教えてもらった」「雑誌で紹介されていて面白そうだったので企業HPを見て、連絡をして会社見学をさせてもらった」「一つの製品が完成するまでの流れや関わる企業を調べる中で知った」など、人と企業との出あいは何通りもあります。身近なところからも企業を知ることができるわけです。

 また、授業や講演で登壇した方に、終了後に声をかけて接点を持つこともできます。その縁で、企業情報や社会で必要なことなどを教えてくれるかもしれません。今の時代、「この企業を知りたい!」「この人に会いたい!」と思えば、連絡する手段はいくつもあります。ホームページに所在地やメールアドレス、電話番号などの連絡先が記載されていることが多いので、メールや電話、手紙を書くことも可能です。SNSを公開している方にはメッセージも送れます。これらをきっかけに直接会えるかもしれません。相手の方の都合もあるので、全て自分の思い通りになるとは限りませんが、行動することは可能なのです。

 企業を知るときのポイントもご紹介しておきます。それは「『事実』と『解釈』を分けて聞くこと」です。人を介在して企業を知ると、その人の感性や価値観の影響を受けます。その人にとっては良い会社であっても、自分にとってはそうではない可能性があります。

 よって、その情報が「事実」なのか「解釈」なのかを整理するのです。例えば「アットホームな会社」は「解釈」になります。アットホームと判断した「事実」が別にあるはずです。社員同士の会話で、お互いを役職ではなく「〇〇さん」と呼び合っているから。あるいは、休日にも社員同士でよく遊ぶからそのように感じたのかでは異なります。入社後に企業とミスマッチにならないためにも「事実」と「解釈」の両方から自分に合う、合わないを判断しましょう。

 「1+1」から導き出される解は「2」で、一つのみです。しかし「2=〇+△」となると「〇や△」に当てはまる値は一つではありません。無数にあります。社会生活でも、解は無数にあるのです。そのことを理解すると「社会」の見え方、気づき方が一気に広がっていくでしょう。

 以上のように、インターンシップ以外にも「社会」を知る方法がいくつもあります。繰り返しになりますが、まずは自分の将来を考え、行動を起こす時間をとってみてください。大事なのは、自分から行動するということです。勇気を出して一歩を踏み出しましょう。

谷出正直(採用コンサルタント/採用アナリスト)
プロフィル 谷出正直(採用コンサルタント/採用アナリスト)

奈良県出身。筑波大学大学院体育研究科を修了。エン・ジャパンで新卒採用支援事業に約11年間携わり、独立。現在は企業、大学、学生、採用支援会社、メディアなど新卒採用や就職活動に関わり、約2100名と生きたネットワークを構築。様々な現場の情報やノウハウ、知見、俯瞰(ふかん)した情報を持つ。採用コンサルタント/採用アナリストとして、企業の採用支援、企業や大学、学生に向けた各種セミナー・研修の実施、寄稿やコラムの連載、現場情報の発信、コミュニティーの運営なども行う。

この記事をシェア