「資生堂/インターンシップ2020」のエントリーシート重要設問で高評価を得る書き方とその対策

<第31回> 文 坂本直文
Frantic00(Getty Images)
Frantic00(Getty Images)

 資生堂のインターンシップ(コンシューマーマーケティング)の募集要項には、「インターンで高いパフォーマンスを発揮された方は、資生堂22年卒のコンシューマーマーケティング選考の特別枠としてご参加いただけます」と記載されています。全国各地から意欲的な学生が多数応募します。受験倍率はとても高いです。

 今回のコラムでは、この高い受験倍率を突破する方法を解説します。参考にして合格をつかんでください。

ESの重要設問

 資生堂のコンシューマーマーケティングインターンシップ2020の応募締め切りは、2020年7月31日(金) 12:00正午です。

 このエントリーシートの重要設問は以下の2つです。

<1>あなたは2030年(10年後)にとある洋服ブランドを立ち上げることになりました。10年後の市場や人々の価値観を想像して、あなたは担当者として生活者にどういう新しい価値を届けたいですか? (400字以内) 

<2>「あなたらしさ」を3つのハッシュタグ(#)で表現し、その理由も合わせて1分間で説明してください。動画の構成などに一切制限ございません。自由に自分らしく表現してください。 ※動画でアップロードしてください。

トップレベルのESが書ける企業研究・仕事研究

 トップレベルの内容を書く方法を説明します。以下の3つの企業研究を行って、事業内容と仕事内容を具体的に把握し、それらに基づいてエントリーシートを作成しましょう。

1. ウェブサイトで「コンシューマーマーケティングの仕事内容・社員紹介」のページを読む。

 資生堂のコンシューマーマーケティング部門の社員が、仕事内容、取り組み方を解説しています。このページの近くには他部門の仕事紹介ページもありますので、比較しながら読むとよいです。すると、自分のどんな能力や資質、経験がどの部門のどんな仕事で役立つかわかるようになります。

2. ウェブサイトで「中長期戦略VISION 2020」を読む。

 資生堂は現在、中長期戦略「VISION 2020」に取り組んでいます。「世界で勝てる日本発のグローバルビューティーカンパニー」を目指し、さまざまな改革を実行していますが、ここに具体的な内容が書かれています。

3. 朝日新聞デジタルの“過去記事検索”で志望企業と同業他社の記事を検索して読む。“資生堂”で検索して記事を読んだ後は、“化粧品”、同業他社の“コーセー”、“花王”、“ポーラ”、“ファンケル”、“P&G”、“エスティローダー”、“ロレアル”などでも検索して記事を読みましょう。エントリーシートの設問や面接試験での返答の中で、これらの新聞記事のことを引用するとトップクラスの高評価が得られます。

 上記の3つの企業研究の所要時間ですが、1は30分~1時間程度。2は30分~1時間程度。3は1時間程度です。合計で2時間~3時間で完了します。志望企業に関する情報収集です。楽しみながら取り組んでください。

ESの重要設問の書き方

<1>あなたは2030年(10年後)にとある洋服ブランドを立ち上げることになりました。10年後の市場や人々の価値観を想像して、あなたは担当者として生活者にどういう新しい価値を届けたいですか? (400字以内)

 この設問では、「企画の重要ポイント」をきちんと押さえて書くことが高評価を得る秘訣(ひけつ)です。受験者の大半が「企画の重要ポイント」を踏まえておらず、企画としての要件を満たしていないものを提出しているのが現実です。

 企画の重要ポイントは、8つあります。1.ターゲット、2.商品コンセプト、3.ネーミング、4.競合比較、5.売り上げ目標(単価×数量)、6.スケジュール、7.プロモーション、8.企画者(自分)の貢献内容、です。これらを具体的に説明しながら書いていくことが大切です。

 トップクラスの高評価を得るには、企画の重要ポイントをきちんと押さえること。そのうえで、アイデアには客観的なデータを根拠として提示することと、資生堂の中長期戦略「VISION 2020」に関連した内容にすることです。

 たとえば、ターゲットの設定がない企画案、競合比較のない企画案、売り上げ目標のない企画案は、企画案としての要件を満たしていないので、大変幼稚に見えてしまい、合格評価を得ることは難しいです。

 では、企画の重要ポイントについて順番に説明していきます。

 まず、1.ターゲットですが、これが一番大切です。ターゲットのエリアは、日本にするのか、アジアパシフィックにするのか。それとも、中国やアメリカ、ヨーロッパにするのか。または、これらを組み合わせるのか。そのうえで、エリアにおける属性(性別や年代、職業、好み、ニーズなど)も考えて新しい価値を届けるターゲットを設定する必要があります。地域を考えるに際して、参考になるのは、資生堂の成長戦略の中の地域戦略です。

 資生堂は6つの地域にわけて、売り上げ最大化のために各地域に即した販売戦略を立てています。各地域の説明文を読むと、その地域の状況、特性、売れている資生堂の商品(ブランド)、ターゲットとした場合の注意点がわかります。これらから、自分が書きやすいものを選ぶと良いです。

 次に、企画重要ポイント2.商品コンセプトと、3.ネーミングについて解説します。参考になるのは、1. と同様、資生堂の地域戦略のページの説明文です。特に、各地域で売れている資生堂の商品(ブランド)のコンセプトとネーミングは参考になります。これらを基にして、10年後の市場や人々の価値観の予測を加えたものを作成するとよいです。

 市場の予測は、ターゲット層の人口予測がおすすめです。これは多くの機関が研究していて、インターネットで検索すると予測データを見つけることができます。人々の価値観は、商品のターゲットの美に関する価値観を書くと良いです。これは、このページにおいて、各地域の責任者が述べている美に関する記述が参考になります。

 企画重要ポイントの4.競合比較は、スペースに余裕がない場合は売り上げの上位1社、余裕がある場合は売り上げ上位2社~3社を取り上げましょう。主力の商品やブランドは何か。売上高とシェアを調べて、売れている理由を分析、その商品に勝つための方法を分析すると良いです。これらの比較検討データもきちんと書くと高評価につながります。

 なお、上記の商品コンセプトとネーミングが競合商品に勝てるものになっているか検討することも大切です。もしもそうでなかったら、コンセプトとネーミングは再考・改良しなくてはなりません。

 企画重要ポイント、5.売り上げ目標と6.スケジュールは、セットで考えるとよいです。3年~5年くらいで、そのジャンルでの売り上げとシェアで1位を達成する目標とスケジュールを立てると良いでしょう。

 企画重要ポイント7.プロモーションですが、ターゲット(地域・属性)の心をつかむ内容にすることが大切です。このページにおいて、各地域の責任者が述べている成功例が参考になります。

 さらに、朝日新聞デジタルで検索して調べた同業他社“コーセー”、“花王”、“ポーラ”、“ファンケル”、“P&G”、“エスティローダー”、“ロレアル”などの記事の事例を参考にするのもお勧めです。

 企画重要ポイント8.企画者(自分)の貢献内容は、自分のセールスポイントをどう発揮するかを具体的に書くとよいです。

<2>「あなたらしさ」を3つのハッシュタグ(#)で表現し、その理由も合わせて1分間で説明してください。動画の構成などに一切制限ございません。自由に自分らしく表現してください。

 高評価を得るために重要なことは2点です。「あなたらしさ」の内容が資生堂のコンシューマーマーケティングの仕事に役立つ内容であることと、好印象で分かりやすいプレゼンテーションであること、です。

 「あなたらしさ」の内容は、上段で紹介した資生堂WEBサイトの「コンシューマーマーケティングの仕事内容・社員紹介」のページを参考にするとよいです。

 好印象でわかりやすいプレゼンテーションにするには、以下の①~⑤が重要です。①姿勢を良くする。②笑顔を絶やさない。③カメラのレンズを見て話す。④ハキハキとした大きめの声で話す。⑤内容がきちんと伝わるように伝え方を工夫する。

 では、①から⑤を合格レベルにする方法を書きます。

 ①で重要なことは、撮影前にカメラの最適な高さをきちんと確認して、撮影中にその高さを変えないことです。カメラの高さが合っていないとあごが上がり過ぎたり、下がり過ぎたり、目線が三白眼になってしまったり、姿勢が悪く撮れてしまいます。②で重要なことは、笑顔(ほほえみ)の表情を(口角を上げて)きちんと作ってから、カメラの撮影ボタンを押すことです。そして、撮影中は笑顔を絶やさず、カメラの撮影終了ボタンを押し終わるまで笑顔を維持しましょう。③で重要なことは、カメラのレンズを(笑顔で)見続けることです。キョロキョロすると落ち着きがなく感じられて、評価は下がります。④で重要なことは、第一声からハキハキとした大きめの声で話すことです。スマートフォン等の機材のマイク性能にも左右されますので、実際に大きめの声で録音されているか録音状態を試し撮りして確認しましょう。⑤で重要なことは「結論→説明」の流れで話すこと。および、ポイントを白地の紙やノート、スケッチブックに簡潔に書いて、それを見せて話す。あるいは、伝えたいことが端的にわかる写真や実物を見せて話すことです。ぜひ実てみてください。

資生堂の必須知識クイズ

 資生堂の必須知識についてのクイズを出します。資生堂を本気で志望するならば知っていて当然とされることです。必ず答えられるようにしておきましょう。では、以下の1~10のクイズに答えてください。

資生堂の基本情報に関する重要ポイントクイズ

【クイズ1】:「資生堂という名称は、中国の古典『易経』のなかの一節「至哉坤元 万物資生」に由来。「〇〇」は「すべてが生まれるところ」、「堂」は「家」という意味です。 元になった一節を読みくだすと、「大地の徳はなんと素晴らしいものであろうか、すべてのものはここから生まれる」という内容」

【クイズ2】:「1872年、福原有信が東京・銀座にわが国初の民間洋風〇〇〇〇として創業」

【クイズ3】:「1888年、日本初の練り〇〇「福原衛生歯磨石鹸」発売」

【クイズ4】:「1897年、〇〇品業界へ進出(「オイデルミン」発売)」

【クイズ5】:「1915年、商標「〇〇」の原型考案(1919年商標登録)」

【クイズ6】:「1917年、「〇〇粉白粉」を発売。白粉といえば白があたりまえだった時代に、七色の白粉を考えたことは大変斬新な発想。七色は、「白」「黄」「肉黄」「ばら」「ぼたん」「緑」「紫」で、個々の肌色に合わせて白粉の色を使い分けるという、先駆的な考えに基づく商品」

【クイズ7】:「化粧品の国内シェア第位、世界シェアでは第5位。世界の約〇〇〇カ国・地域で事業展開しており、海外売上比率は5割を超える」

【クイズ8】:「資生堂の従業員の国籍:約〇〇

【クイズ9】:「資生堂の女性管理職比率(グループ全体):〇〇.〇%」

【クイズ10】:「資生堂のミッション:OUR MISSION is 〇〇〇〇〇〇 INNOVATIONS FOR A BETTER WORLD ビューティーイノベーションでよりよい世界を」

クイズの解答

【クイズ1】:「資生堂という名称は、中国の古典『易経』のなかの一節「至哉坤元 万物資生」に由来。「資生」は「すべてが生まれるところ」、「堂」は「家」という意味です。 元になった一節を読みくだすと、「大地の徳はなんと素晴らしいものであろうか、すべてのものはここから生まれる」という内容」

【クイズ2】:「1872年、福原有信が東京・銀座にわが国初の民間洋風調剤薬局として創業」

【クイズ3】:「1888年、日本初の練り歯磨「福原衛生歯磨石鹸」発売」

【クイズ4】:「1897年、化粧品業界へ進出(「オイデルミン」発売)」

【クイズ5】:「1915年、商標「花椿」の原型考案(1919年商標登録)」

【クイズ6】:「1917年、「七色粉白粉」を発売。白粉といえば白があたりまえだった時代に、七色の白粉を考えたことは大変斬新な発想。七色は、「白」「黄」「肉黄」「ばら」「ぼたん」「緑」「紫」で、個々の肌色に合わせて白粉の色を使い分けるという、先駆的な考えに基づく商品」

【クイズ7】:「化粧品の国内シェア第1位、世界シェアでは第5位。世界の約120カ国・地域で事業展開しており、海外売上比率は5割を超える」

【クイズ8】:「資生堂の従業員の国籍:約70

【クイズ9】:「資生堂の女性管理職比率(グループ全体):52.7%」

【クイズ10】:「資生堂のミッション:OUR MISSION is BEAUTY INNOVATIONS FOR A BETTER WORLD ビューティーイノベーションでよりよい世界を」

 いかがでしたか? これらはすべて資生堂のWEBサイトの企業紹介のページに書かれていることです。わからないクイズが多かった人は、資生堂のWEBサイトで理解を深めてください。

 解説は以上です。

 これらの方法は、他の化粧品会社のエントリーシートの商品企画系設問や自己PR動画にも役立ちます。参考にしてください。あなたの内定獲得を心より応援しています。

坂本直文(就職コンサルタント)
プロフィル 坂本直文(就職コンサルタント)

「内定者はこう書いた! エントリーシート・履歴書完全版」(売り上げ12年連続1位/エントリーシート部門)、「内定者はこう話した! 面接完全版」(売り上げ5年連続1位/面接部門)等、著書は114冊。

この記事をシェア