「日本生命/冬期インターンシップ:WebInShip FPコース」のエントリーシート重要設問で高評価を得る書き方とその対策

<第42回> 文 坂本直文
画像1

 今回は、日本生命の冬期インターンシップ「WebInShip」のファイナンシャルプランニング(FP)コース(1-day)のエントリーシート対策です。募集要項によると、オンラインで実施されるインターンシップで、全国各地から参加が可能。コースに沿った課題についてグループワークが実施され、日本生命の社員から多くのフィードバックが頂けるそうです。

 生命保険業が学べるだけではなく、社会人の考え方や仕事の進め方なども体験できるとのこと。参加メリットは非常に大きいです!

ESの重要設問

 日本生命の「WebInShip」(FPコース)の応募締め切りは、2021年1月22日(金) 12:00。このエントリーシートの重要設問は以下の2つです。

問1.自分自身が最も力を入れて取組んできたことについて、どのように取組んできたかを具体的に記入ください。(300文字以下)

問2.インターンシップに応募した動機や、意気込みについて記入ください。(300文字以下)

WEBグループディスカッションの注意点

 2020年3月以降、インターンシップや選考試験において、WEBでのグループディスカッションが珍しくなくなりました。WEBグループディスカッションのマナーや注意点には、対面型のグループディスカッションにはないものが多く、知っていないと評価が下がってしまうことがよくあります。以下、チェックリストとしてまとめましたので、ご活用ください。

WEBグループディスカッション参加前のチェックリスト

□ PCのカメラの位置と目線の位置が水平になるようにPCの下に台を置く
□ 顔が明るく映るように座る場所に気を付ける。顔にライトをあてるとよい
□ カメラのレンズが汚れていないかチェック。できれば拭いておくとよい
□ 使用するアプリケーションが最新版にアップデートされているかチェック
□ メモを取れるように、筆記用具を準備
□ スマートフォンはマナーモードにしておく
□ ネットの回線がつながらなくなった場合に備え、人事の電話連絡先を確認しておく

WEBグループディスカッション参加中の注意点チェックリスト

□ 相手と話す時は、カメラのレンズを見ながら話す
□ 聞く時は、しっかりうなずく。熱心な傾聴姿勢が伝わる
□ 結論から話すことを心掛ける
□ 大きめの声、大きめのリアクション(笑顔・うなずき)を心掛ける
□ 意見には具体例や客観的なデータを添えて説得力を高める
□ 自分が話していない時も傾聴姿勢を崩さない。モニターで面接担当者に見られていることに注意(WEBグループディスカッションでは、話していない時の参加態度も人物評価の重要ポイント)

▼「こうやってオンライン就活を乗り切った」体験談を紹介

トップレベルのESが書ける企業研究・仕事研究

 トップレベルの内容を書く方法を説明します。以下の3つの企業研究を行って、事業内容と仕事内容を具体的に把握し、それらに基づいてエントリーシーを作成しましょう。

1. ウェブサイトで「この部門に関連する職員たち」のページを読む。

 「仕事内容」のページにおける「各部門」のページを開くと、「この部門に関連する職員たち」のコーナーがあります。各部門の「仕事内容」、「印象に残るエピソード」、「各部門や職種ごとの求める人物像、仕事で必要なスキル、心掛けるべきことなど」が具体的に書かれています。丹念に読むと、問1、問2で書くべき内容がわかるようになります。

2. ウェブサイトで「アニュアルレポート2020」を読む。

 日本生命の中期経営計画「全・進 -next stage-」(2017-2020)の内容と進捗(しんちょく)状況、現在の経営状態、次期中期経営計画に向けた新たな取り組みが書かれています。問1、問2で書くことの参考になります。

3. 朝日新聞デジタルの“過去記事検索”で志望企業と同業他社等の記事を検索して読む。

 “日本生命”で検索して記事を読んだ後は、競合企業名や商品名などでも検索してみましょう。たとえば、“第一生命”、“明治安田生命”、“住友生命”、“アフラック”、“東京海上日動あんしん生命”、“生命保険”などです。設問を書く際に参考になる記事も見つかるでしょう。

 たとえば、朝日新聞デジタルの以下の記事は大変お勧めです。

●1.(いちからわかる!)ESG投資という言葉、よく聞くね?

●2.少額の短期保険、日生が参入検討 新規顧客層獲得へ

●3.コロナで新契約が急減 生命保険会社の20年度中間決算

●4.福井県が日本生命と包括連携協定 健康増進や観光振興で

●5.生命保険大手、相次ぎオンライン営業活用 対面見直し

ESの重要設問の書き方

問1.自分自身が最も力を入れて取組んできたことについて、どのように取組んできたかを具体的に記入ください。(300文字以下) 

 この設問で高評価を得るには「力を入れて取り組んで得たこと(能力や行動特性、考え方、知識、経験値など)」を、「日本生命で配属を希望する部門の仕事に役立つことにすること」です。

 どんな能力や行動特性、考え方、知識、経験値を書くべきかですが、「この部門に関連する職員たち」を読むことをお勧めします。各部門や職種ごとの求める人物像、仕事で必要なスキル、心掛けるべきことなどが具体的に書かれています。10人以上読むと、書くべきことを判断できるようになるでしょう。

問2.インターンシップに応募した動機や、意気込みについて記入ください。(300文字以下)

 質問意図は、強い熱意で応募しているかのチェックです。応募した動機について、どう書いたら強い熱意が伝わるのか。面接担当者の立場で確認してみましょう。

 以下のAさん、Bさん、Cさん、Dさんの4人の内容を比較してください。あなたは、誰に最も強い熱意を感じますか?

・Aさん→「日本生命の保険サービスを利用し、良さを感じているので応募しました」
・Bさん→「日本生命は業界1位であるので応募しました」
・Cさん→「日本生命の□□の仕事に興味があるので応募しました」
・Dさん→「日本生命のWEBサイトで経営計画と職員紹介を読み、朝日新聞〇月〇日朝刊の日本生命に関する記事を熟読して、特に□□、◇◇、△△の仕事に興味を持ったので応募しました」

坂本直文さんの企業研究入門

 強い熱意が最も強く感じられるのはDさんです。

 Dさんは、事前の企業研究を4人の中で最も熱心に行っています。強い熱意を伝える秘訣(ひけつ)は、事前の“徹底的な企業研究”です。合格レベルの内容を書くには、Dさんのように徹底的な企業研究を行うこと。そして、インターンシップで学びたい仕事内容や仕事の取り組み方を複数書くことです。

 次に、意気込みを書く場合の高評価が得られる文章パターンを3つ紹介します。

1.「私は学生時代に〇〇に力を入れて□□を達成しました。これを通して培ったことは△△。御社のインターンシップにも△△を生かして全力で取り組みます」。

2.「私が、御社で取り組みたい仕事は、〇〇部の□□業務です。これらについて深く学びたく思います。そして、高めるべきスキルや取得すべき資格についても知りたいです」。

3.「御社の経営計画に書かれている〇〇や職員紹介に書かれていた□□について深く学びたいです」。

 以上の文例をヒントに、文章内容や表現は自分なりの工夫をして書いてください。

▼参加するだけでは意味がない インターンシップの意味と目的

日本生命の基礎知識クイズ

 日本生命の基礎知識についてのクイズを出します。日本生命を本気で志望するならば、知っていることを期待されます。ぜひ答えられるようにしておきましょう。以下の1~9のクイズに答えてください。

日本生命の基礎情報に関する重要ポイントクイズ

【クイズ1】:「日本の生命保険会社において、保有契約高・保険料収入・総資産で大手。」

【クイズ2】:「18〇〇年に創業。日本で3番目に古い生命保険会社。」

【クイズ3】:「1899年に、保有契約高が日本で第位となる。」

【クイズ4】:「日本生命は、日本の民間で〇〇規模の機関投資家。機関投資家とは一般に規模が大きく長期的な投資を行う法人投資家を指す。」

【クイズ5】:「〇〇株主となっている企業は、三菱UFJフィナンシャル・グループ、東洋紡、帝人、クボタ、近畿日本鉄道、阪急阪神ホールディングス、南海電気鉄道、京浜急行電鉄、京王電鉄、サッポロビール、武田薬品工業、アステラス製薬、第一三共、田辺三菱製薬、高島屋、TBSホールディングス、テレビ東京ホールディングス、朝日放送グループホールディングスなどがある。」

【クイズ6】:「不動産賃貸業(貸しビル事業)では、所有延床面積で三菱地所、三井不動産に次ぐ国内位の規模。」

【クイズ7】:「日本生命の顧客数は、約〇〇00万人。取引企業数は、約25万社。」

【クイズ8】:「日本生命の総資産は、〇〇兆8095千億円。自己資本は、6兆2417億円。」

【クイズ9】:「日本生命は、〇〇会社。以下WEBサイトより引用:〇〇会社の特徴は、簡単にいうと、株式を持つ株主が会社の持ち主である株式会社とは異なり、保険にご加入いただいているご契約者(※無配当保険のご契約者を除く)お一人おひとりが会社の持ち主であること。お客様が会社の持ち主ですから、会社の経営はすべてお客様のことを考えて行われます。お客様とのお付き合いは長期間にわたりますので、長期的かつ安定的な経営を行いますし、会社の利益は、サービスの充実や契約者配当※として、ご契約者に還元できるのです。ですから、お客様の利益を第一に考え、私たち日本生命は、この「〇〇会社」という会社形態を採用しているのです。」

Thithawat_s(Getty Images)
Thithawat_s(Getty Images)

クイズの解答

【クイズ1】:「日本の生命保険会社において、保有契約高・保険料収入・総資産で大手。」

【クイズ2】:「1889年に創業。日本で3番目に古い生命保険会社。」

【クイズ3】:「1899年に、保有契約高が日本で第1位となる。」

【クイズ4】:「日本生命は、日本の民間で最大規模の機関投資家。機関投資家とは一般に規模が大きく長期的な投資を行う法人投資家を指す。」

【クイズ5】:「筆頭株主となっている企業は、三菱UFJフィナンシャル・グループ、東洋紡、帝人、クボタ、近畿日本鉄道、阪急阪神ホールディングス、南海電気鉄道、京浜急行電鉄、京王電鉄、サッポロビール、武田薬品工業、アステラス製薬、第一三共、田辺三菱製薬、高島屋、TBSホールディングス、テレビ東京ホールディングス、朝日放送グループホールディングスなどがある。」

【クイズ6】:「不動産賃貸業(貸しビル事業)では、所有延床面積で三菱地所、三井不動産に次ぐ国内3位の規模。」

【クイズ7】:「日本生命の顧客数は、約1400万人。取引企業数は、約25万社。」

【クイズ8】:「日本生命の総資産は、78兆8095千億円。自己資本は、6兆2417億円。」

【クイズ9】:「日本生命は、相互会社。以下WEBサイトより引用:相互会社の特徴は、簡単にいうと、株式を持つ株主が会社の持ち主である株式会社とは異なり、保険にご加入いただいているご契約者(※無配当保険のご契約者を除く)お一人おひとりが会社の持ち主であること。お客様が会社の持ち主ですから、会社の経営はすべてお客様のことを考えて行われます。お客様とのお付き合いは長期間にわたりますので、長期的かつ安定的な経営を行いますし、会社の利益は、サービスの充実や契約者配当※として、ご契約者に還元できるのです。ですから、お客様の利益を第一に考え、私たち日本生命は、この「相互会社」という会社形態を採用しているのです。」

【動画】コロナ禍の就活、企業が評価する点は?

 いかがでしたか? これらは日本生命の基礎知識です。受験するならば覚えておくとよいでしょう。解説は以上です。あなたの合格を心より応援しています。

坂本直文(就職コンサルタント)
プロフィル 坂本直文(就職コンサルタント)

「内定者はこう書いた! エントリーシート・履歴書完全版」(売り上げ12年連続1位/エントリーシート部門)、「内定者はこう話した! 面接完全版」(売り上げ5年連続1位/面接部門)等、著書は114冊。

この記事をシェア