ジェーシービー内定者インタビュー(後編)「冬のうちにウェブテスト・SPI対策を」

文 池田美樹
ジェーシービーに内定した(左から)山下塔子さん、江尻浩太さん、山下日菜子さん=東京都港区
ジェーシービーに内定した(左から)山下塔子さん、江尻浩太さん、山下日菜子さん=東京都港区

日本発唯一の国際カードブランド「JCB」を運営する株式会社ジェーシービー。今では当たり前となった銀行口座からの自動引き落としを民間企業で初めて導入するなど、創業から60年の歴史は挑戦の連続だった。キャッシュレスビジネスを推進する総合決済ソリューション企業ジェーシービーへの内定を決めた3人が、就職活動を振り返った。

(前編はこちら)

「3年生の秋冬はウェブテスト対策」

―― 3年生の秋冬からはどんな風に動きましたか。

江尻さん「秋は12月から2月にかけて行われるインターンシップの選考が行われる時期なので、それに対してESを書いていました。また、インターンの選考ではウェブテストを実施する企業も多いので、テストに慣れるという意味でも可能なかぎり多くの所にエントリーしました。そこで落ちたとしても本選考には全く関わりませんから」

山下塔子さん「私はサークルが忙しかったので隙間時間でSPIやウェブテストの勉強をしました」

山下日菜子さん「私も同じです。本選考の時にテストセンターに行く手間や時間がもったいないと思ったので、秋冬の時点である程度のレベルまでは仕上げて、本選考の時には受けに行かずに済むようにと考えました」

江尻さん「確かに、使い回せるからね」

山下日菜子さん「しっかり下準備はしておこうと思って」

山下塔子さん「ギリギリまでサークルが忙しい人は、ウェブテスト対策をして本選考の時期に全集中できるような準備はするべきだなと思いました」

山下塔子さんが集中したいときはワイヤレスイヤホンで音楽を聴いた。時には踊ることでリフレッシュもしたという
山下塔子さんが集中したいときはワイヤレスイヤホンで音楽を聴いた。時には踊ることでリフレッシュもしたという

「オンラインでは表情をいつもより明るく」

―― 今回はコロナ禍での就活でした。オンライン就活の苦労話や逆に良かった点を教えてください。

江尻さん「視線の位置に困りました。無機質なレンズを見続けて話すのがすごく大変でしたね。相手の表情が読み取れないので。それから、対面より自分を印象づけるのが難しかったと思います。表情をいつもより明るくする、声をワントーン上げる、身ぶり手ぶりをオーバーにする。そういう工夫しかできないですから。良かった点は、場所を選ばないというところですね。僕は都心から離れたところに住んでいるので、移動コストの面でも良かったです」

山下塔子さん「そうですね。オンラインの場合はいつも以上にハキハキとゆっくり、表情豊かに話すことが重要だと思いました。移動時間がないので、面接が終わった5分後に次の面接を入れることもできて、チャンスを逃すことがなかったのが良かったです」

山下日菜子さん「私は最初に、目を見て話しますので画面で目が合わないかもしれませんがよろしくお願いします、と面接担当者に言って、最後だけカメラを見る、という風に工夫しました。通信状況によっては、会話のタイミングが難しかったですね。最初はけっこう不安になったんですけれど、だんだん自分が思うほど気にしなくても良いのかなと思いました。良かった点は、ずっと家にいられるのでリラックスしたまま面接に参加できたところです」

江尻さん「バーチャル背景にしてた? 僕はそのまま、ありのままでやったけど」

山下日菜子さん「私もありのままでやりました」

江尻さん「バーチャル背景はちょっと輪郭が不自然になるので、自分以外に面接担当者の注意が向けられることになって不利な気がする。ありのままの方が僕自身を見てもらえるので、そっちのほうがリスクは少ないかな。ただし、お部屋はキレイにしておきましょうって感じですね」

▼「こうやってオンライン就活を乗り切った」4年生の体験談を紹介

「志望動機を聞かれない面接」

―― ジェーシービーを意識した時期と理由を教えて下さい。

山下日菜子さん「私は最初は大手ディベロッパーと鉄道会社をメインで検討していたんですけど、コロナの影響で不動産の地価も下がってきている今、新しいものを建てるより今あるものを活用していくほうが活発になっていくという話があり、新しいものを生み出していくことがやりたかったので志望から外しました。そこからコロナ時代で変わらない業界は何かな、と考えた時にカード会社が浮かびました。これからの時代、キャッシュレスなしでは生活できなくなってきたと実感しており、それからカード会社をメインにしました。3社受けて、業界とウマが合ったのか全部うまくいきました。その中でもジェーシービーに決めた理由は、会社の雰囲気や人の温かさです。面接の中で自分を作らず、全部さらけ出せたのがこの会社だったんです」

山下塔子さん「私は、(双子の)日菜子が会社説明会を見ているのをのぞいたら気になって、ここで働きたい、と思ったのがきっかけです。新しいことができるところ、若手でも活躍できるところ、そして一緒にどんな人と働きたいかを大事にしている点で選びました。社員さんの人柄が気に入って、直感で決めた感じです」

江尻さん「僕はジェーシービーとは夏のインターンから関わっていました。参加する前は単なるカード会社としか認識していなかったんですが、説明会に参加してみると、カードだけじゃないどころか決済の仕組みを作っているのだということがわかり、興味が湧いてインターンの選考に参加しました。9月下旬に3日間のインターンがあったのですが、グループのフィードバックとして担当の人事の方から本気で怒られたんです。その経験から、学生に対しても本気で向き合ってくれる、ここなら成長できそうだ、自分のパフォーマンスを最大限、発揮できそうだと思いました」

▼「インターンで生の声に触れる」(内定者インタビュー)

―― 面接で特に印象に残っているやり取りがあれば教えてください。

江尻さん「1番印象に残っているのは、志望動機を聞かれないことです。この会社に入ってどんなことをしてくれるか、ということではなくて、この会社に合っているか、この会社で活躍できそうかというパーソナリティーの部分を見てもらえるので、すごく面接が楽しかったです」

山下日菜子さん「1次面接の面接担当者が人事の方ではない社員の方だったので、社員の方がどんな人と働いていきたいのかも重視しているのかなという印象だったところです。皆が一緒に働いて高めあえるような人を選んでいるのかなという点でもいいなと思いました」

▼噂に聞く圧迫面接とはどんなもの?

「自分をリセットするスイッチを作る」

―― 「ガクチカ」でどういう部分をアピールしたかを教えてもらえますか。

山下塔子さん「自信をもって話せるミュージカルサークルの話をしました。どの会社も新卒の社員に求めるのはバイタリティーや明るさ、ガッツだと思ったので、自分の負けず嫌いなところや努力家である部分がアピールできるエピソードを話しました」

江尻さん「僕は周囲に与える影響力をアピールしました。具体的には、テスト前に学生に対して学習指導をすることによって成績の向上や単位の取得を援助する体制を整えた経験についてです」

山下日菜子さん「私はアルバイトの話をしました。ジェーシービーに対して強みとして伝えたのは、周囲を巻き込ながら課題を解決する力があることです。気をつけたのは、いくつも強みを伝えてしまうと印象が薄くなると思ったので、1つか2つに絞って伝えたことです」

江尻さん「僕もいろんなことをしてきたけれど、根っこには何があるかというところを1つしか言わなかったですね」

山下日菜子さんがお守りにしていた中国の縁起物「倒福(タオフー)」。就職活動を始めたころに行った横浜の中華街で買ったという
山下日菜子さんがお守りにしていた中国の縁起物「倒福(タオフー)」。就職活動を始めたころに行った横浜の中華街で買ったという

―― これから就職活動に取り組む後輩たちへのメッセージをいただけますか。

山下塔子さん「他人と比べずに就活を進めていけば、自分らしく面接に挑めてマッチした企業に出会えると思うので、自分を信じてがんばってほしいです」

山下日菜子さん「自己分析と、自己分析のアウトプットを重要視してほしいと思います。焦らず冷静になって自分と向き合うのが1番大切だと思うので、あきらめずに頑張ってほしいなと思います」

江尻さん「ボキャブラリーを増やしてくださいと伝えたいです。自己PRは頭の中で想像してわかっていても、ボキャブラリーがないと相手には伝わりません。僕がしていたのは、お笑い、映画、小説、漫画などに触れることです。何から吸収してもボキャブラリーは増えるので、色々な表現に出会ってほしいと思います。それから、僕がやって良かったことは、ストレスを感じたら自分をリセットできるスイッチを作ること。具体的には料理と筋トレを始めました。これは社会人になってからも続けていきたいと思っています」

【連載】働くってなんですか

【連載】就活生のためのニュース解説

この記事をシェア