オンライン採用選考 企業はこんなところを見ている

文 近畿大学キャリアセンター課長代理 坂野裕一
Monzenmachi(Getty Images)
Monzenmachi(Getty Images)

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、オンラインによる採用選考が一般的になりました。皆さんの就職活動も、オンラインでの選考がスタンダードになるでしょう。

オンライン面接も「印象」が大事

 オンライン選考は、自宅などで受けることが多く、移動時間や交通費など時間的、経済的な負担が少ないというメリットはありますが、逆にこれまで対面の選考では全く考える必要のなかったことを意識する必要がでてきています。

 学生からオンライン面接に関する質問として、「背景はどうしたらいいですか?」「どこを見て話したらいいですか?」とよく聞かれます。そんな時、私は「自分が採用担当の立場で考えてみたらどう?」といつも返すようにしています。

 もし、あなたが採用担当者だとして、服装や身だしなみはもちろんのこと、背景がすごく散らかっていたり、関係ないものが壁にたくさん貼られていたりしたらどう感じるでしょうか。面接というのは、自分を理解してもらう場です。そう考えると、整理整頓などの事前準備が必要だと感じる人が多いのではないでしょうか。対面での面接と同様に、オンライン面接においても印象が重要です。部屋の明るさなども含めて、自分がどう見えているか事前にしっかり確認するようにしましょう。

 また、話すときの視線についてはどうでしょうか。

 対面の面接であれば相手の目をみて自分の思いをしっかり伝えると思います。オンライン面接でも同じです。モニターではなくカメラを通して、面接担当者を意識して話をするようにしましょう。モニターに映る相手の表情を見られないと不安な気持ちになるかもしれませんが、企業の方は画面越しにあなたの姿を見ながら話を聞いています。しっかりカメラを見ながら話をして自分の思いを伝えましょう。

 カンペを見ながら話をするのも避けた方がいいでしょう。視線が動くことで、企業の人に何か見ながら話をしていると気づかれ、印象が悪くなってしまうかもしれません。また、逆に企業の人が話をされているときは、モニターを見て、相手の反応や表情をしっかり確認しましょう。

▼「こうやってオンライン就活を乗り切った」4年生の体験談を紹介

準備不足は意欲不足と思われる

 これらのことを踏まえて言えることは、自分をよく見せるための準備が大切だということです。インターネットの環境やカメラの映り方、マイクの音量など必要だと思われることを面接前にしっかり確認しておきましょう。

 学生の皆さんの中には、オンライン面接だと自分の部屋などの慣れた環境で臨めるため、気が緩んでしまい、準備を怠ってしまう人がいるかもしれません。準備を全くせずにオンライン面接に臨んでいる姿を企業の方が見ると、自社に対する入社意欲が低いなどネガティブなイメージを与えてしまうことにつながりかねません。

 ただ、どんなに準備をしていてもアクシデントは起こるもの。家族が急に部屋に入ってきたり、突然インターホンがなったりと予期せぬことで慌ててしまい、マイナスな印象を与えてしまったと落ち込む場合も考えられます。でも、気にしなくて大丈夫です。予期せぬアクシデントは誰にでも起こりえるものです。企業の方は、そんなことよりも、カメラをとおしてあなたから伝わる印象や考えを見ています。

 オンライン面接の場合、画面越しのコミュニケーションでは、熱意や思いを伝えにくいという声もあります。そんな時、友達同士でオンライン面接の練習をして、画面の角度や声の大きさなどをチェックし合うことで練習にもなるし、励みにもなるかと思います。一度試してはどうでしょうか。オンラインであろうと対面であろうと企業の方が見ているポイントに大きな違いはありません。

 オンラインならではの特徴をしっかり理解し、自分らしさを最大限相手に伝えられるように準備を行ったうえで、面接本番に臨むようにしましょう。

▼丸紅が総合職採用の半数女性に

▼就職人気ランキング発表!

この記事をシェア