メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

記者ページ

赤田康和(東京社会部)

twitter icon

社会部で「メディアと法」「ネットと表現の自由」などの取材を担当。10年以上、著作権問題を取材しており、「日本でたぶん1人しかいない著作権専門新聞記者」を自称しています。近年ではJASRACの音楽教室からの徴収方針を特報しました。あとこちらもニッチですが重要な分野、現代詩も取材してきました。ツイッターでの投稿内容は個人の意見で、朝日新聞社の見解ではありません。RTやリンクは賛意とは限りません。

赤田康和 最新のツイート

写真から赤田康和のニュースを見る

  • 視聴率20%を超えることもあるという人気番組「てゲてゲ」の「鹿児島実業高校男子新体操部」編(南日本放送提供)
  • 民放ネットワークのビジネスモデル
  • 両者の主張のポイント
  • 両者の主張のポイント
  • 就活生の内定辞退率を予測する仕組み
  • 就活生の内定辞退率を予測する仕組み
  • ジュネーブで発見され、返還された釣り鐘=東京都品川区南品川3丁目の品川寺
  • 参院選投開票日前夜、山本太郎代表(手前)ら「れいわ新選組」候補者が「最後の訴え」をした新宿駅西口は、大勢の人たちで埋まった=20日、東京・新宿、江口和貴撮影
  • 演劇「大悲 31mm」で新谷重雄弁護士を演じる西村まさ彦さん(右端)と佐久間護被告を演じる玉城裕規さん(左端)〈BS-TBS提供〉
  • 特別史跡・大湯環状列石にある野中堂環状列石(秋田県・鹿角市教育委員会提供)
  • 北海道・北東北の縄文遺跡群
  • 潜入調査で職員が考えたこと
  • 大人向けのバイオリン教室=ヤマハ音楽振興会提供
  • インターネットメディア協会の設立シンポジウム。パネリストからは、情報の信頼性や収益をめぐる発言が相次いだ=6月8日、東京都千代田区、林幹益撮影
  • 政府が「フェイク」情報を規制

朝日新聞社のツイッター展開や「公認アカウント」について

朝日新聞社は、新たな発信や読者のみなさんとの対話をめざして、各部門、総局、取材チームなどのグループや、記者個人によるツイッター活用をすすめています。さまざまなテーマや取材拠点から、記事の裏話や紙面で紹介できなかった写真も掲載しているほか、さまざまな出来事の実況中継も試みています。

各記事の見出しの上にある ツイッターにこのエントリを登録 ボタンを押すと、ツイート用の短縮URLと見出しが表示されます。

PR注目情報

注目コンテンツ