メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

記者ページ

赤田康和(東京社会部)

twitter icon

社会部で「メディアと法」「ネットと表現の自由」などの取材を担当。10年以上、著作権問題を取材しており、「日本でたぶん1人しかいない著作権専門新聞記者」を自称しています。近年ではJASRACの音楽教室からの徴収方針を特報しました。あとこちらもニッチですが重要な分野、現代詩も取材してきました。ツイッターでの投稿内容は個人の意見で、朝日新聞社の見解ではありません。RTやリンクは賛意とは限りません。

赤田康和 最新のツイート

写真から赤田康和のニュースを見る

  • 東京五輪のチケット規約のポイント
  • 東京五輪のチケット規約のポイント
  • 5月1日の朝刊各紙(東京本社最終版)
  • 5月1日の朝刊各紙(東京本社最終版)
  • 5月1日の朝刊各紙(東京本社最終版)
  • ガンダムなどの立像を製作した鈴木敏美さん=青森県おいらせ町
  • ガンダムの歴史
  • 政府の説明
  • JASRACの徴収額の内訳
  • JASRACの徴収額の内訳
  • 新元号の発表を伝える新聞の号外を求め殺到する人たち=2019年4月1日、東京都新宿区、長島一浩撮影
  • 新しい元号「令和」を伝える各紙号外
  • 詩人の吉増剛造さん。敷き詰めた作品は極小文字の上に彩色したもので個展で展示された=12日、東京都中央区
  • 詩の賞って?

朝日新聞社のツイッター展開や「公認アカウント」について

朝日新聞社は、新たな発信や読者のみなさんとの対話をめざして、各部門、総局、取材チームなどのグループや、記者個人によるツイッター活用をすすめています。さまざまなテーマや取材拠点から、記事の裏話や紙面で紹介できなかった写真も掲載しているほか、さまざまな出来事の実況中継も試みています。

各記事の見出しの上にある ツイッターにこのエントリを登録 ボタンを押すと、ツイート用の短縮URLと見出しが表示されます。

PR注目情報

注目コンテンツ