メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

記者ページ

服部尚(東京科学医療部)

twitter icon

朝日新聞の編集委員。福井支局を振り出しに東京、大阪科学部で原発や医療を担当してきました。東日本大震災時は科学医療部デスク。2012年春から現職で、原発・エネルギー分野などを担当しています。

服部尚 最新のツイート

写真から服部尚のニュースを見る

  • 猪又竜さん
  • 北海道内の施設に派遣された看護師の宮田さん(左)。「偏見をなくし、働きやすい雰囲気をつくって」と話す=ジャパンハート提供
  • 発展途上国や被災地で医療活動を続ける認定NPO法人「ジャパンハート」は昨秋、新型コロナウイルスのクラスターが生じた北海道内の施設に看護師の宮田理香さん(左)らを派遣し、支援した=ジャパンハート提供
  • 鈴木宏昭さん
  • 急性期病院の新型コロナ患者受け入れ実績
  • 東京都の陽性者の療養状況の推移
  • 救急患者の受け入れに備え、研修医がマスクのひもを結んだ=2020年12月30日午後5時28分、東京都三鷹市の杏林大病院、加藤諒撮影
  • 楽しくインターバル速歩<グラフィック・小板橋茉子>
  • 救急患者の周りで、看護師らが目まぐるしく処置にあたった=2020年12月30日午後5時46分、東京都三鷹市の杏林大病院、加藤諒撮影
  • 救急患者の搬送に備え、マスクのひもを結ぶ医師=2020年12月30日午後5時24分、東京都三鷹市の杏林大病院、加藤諒撮影
  • 人工透析を受ける患者(画像の一部を加工しています)
  • 新型コロナ対策 政府のちぐはぐな言動
  • 新型コロナウイルスの感染状況が大阪府の独自基準「大阪モデル」で非常事態を示す「赤信号」となり、赤色に点灯した太陽の塔=2020年12月3日午後8時44分、朝日新聞社ヘリから、大阪府吹田市、柴田悠貴撮影
  • こんなときは心不全の疑い
  • 勝間和代さん=関田航撮影
  • 経済評論家の勝間和代さん(右)と医師の大脇幸志郎さん=2020年11月19日、東京・築地、関田航撮影
  • 「東京アラート」の発動を受けて警戒を呼びかける赤色にライトアップされた東京都庁=2020年6月2日午後11時33分、東京都新宿区、長島一浩撮影
  • 喫茶店の店内営業が午後6時までとなり、人出が減ったローマ中心部の商店街。11月6日からは全土で午後10時以降の外出が禁じられる=10月27日、河原田慎一撮影
  • インフルエンザワクチンの日本と海外の接種条件

WEBRONZA・WEB新書掲載の服部尚のニュース

記事がありません。

朝日新聞社のツイッター展開や「公認アカウント」について

朝日新聞社は、新たな発信や読者のみなさんとの対話をめざして、各部門、総局、取材チームなどのグループや、記者個人によるツイッター活用をすすめています。さまざまなテーマや取材拠点から、記事の裏話や紙面で紹介できなかった写真も掲載しているほか、さまざまな出来事の実況中継も試みています。

各記事の見出しの上にある ツイッターにこのエントリを登録 ボタンを押すと、ツイート用の短縮URLと見出しが表示されます。

PR注目情報

注目コンテンツ