メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

記者ページ

東野真和(編集委員)

twitter icon

 前・大槌駐在。町民として、ひたすら大槌から復興を見る記事を書いています。過去は愛知県警担当を3年、三重・岩手県庁担当を計3年、政治部で官邸、自民党、民主党、国会運営、選挙、外務省などの担当を通算8年。新聞やアサヒコム編集の仕事を経て、特別報道センターで政治を中心にジャンルにとらわれないテーマを追いかけ、2011年3月末から大槌町で取材を開始しました。これまでの日本では決して見られなかったこと、そして将来の日本のために見ておくべきことが、ここで起きています。言って見れば全ての「原点」がここでむき出しになっています。単なる被災地としてではない視点で、是非つぶやきを聞いていただき、感じていただければと思います。\n ラーメン、カレー、たまにお好み焼きかたこ焼きで、1年は生きていけますが、大槌ではサケやサンマなど海の幸、松茸やシイタケなどの山の幸に囲まれ、少々太っています。\n ツイッターでの投稿内容は私個人の意見です。朝日新聞社の見解ではありません。RTやリンクは賛意とは限りません。

東野真和 最新のツイート

写真から東野真和のニュースを見る

  • 設置される「風の電話」の新・電話ボックス
  • 上棟式で儀式をする大萱生良寛住職=7月、岩手県大槌町の江岸寺
  • 川村一子さん(右端)宅では、他県からの移住者や地元の住民らが「お茶っこ」を楽しむ=盛岡市月が丘2丁目
  • 「三陸のわかめを買って西日本豪雨災害の被災地にお金を」と話す「若潮会」のメンバーや支援者=2018年9月6日、岩手県滝沢市市民福祉センター
  • 久保尭之さん
  • メッセージ入りの土<Asajikai sjis="嚢">囊</Asajikai>袋の前に立つ松田正徳さん=2018年8月28日、広島県坂町小屋浦
  • 大槌町出身のトランペット奏者・臺隆裕さんの演奏で盛り上がる参加者=東京・赤坂の「東北酒場トレジオンポート」
  • 新調された「風の電話」の電話ボックスを設置する中高生ら=2018年8月18日、岩手県大槌町吉里々々
  • 「災害対応型店舗」を看板に掲げるコンビニエンスストア兼ガソリンスタンド=7月26日、広島県坂町
  • 盆踊りを楽しむ住民たち=2018年8月16日、岩手県大槌町末広町
  • 台風の通過に備え、流木を撤去する「おやっさん」=7月27日、広島県坂町
  • 常連のボランティアに指示する「おいちゃん」(左)=7月23日、広島県坂町
  • 天地川沿いに立つ高下幸子さんの自宅(手前から2軒目)。土石流が建物をえぐっていった=7月27日午前、広島県坂町小屋浦、矢木隆晴撮影
  •   
  • 記者会見冒頭、震災検証の80人分の証言記録の破棄について謝罪した平野公三・大槌町長(写真中)ら町幹部。しかしよく聞くと……=2018年8月7日、岩手県大槌町役場
  • 「毎年川から水はあふれます」。アザメの瀬を前に話す江里孝男さん=佐賀県唐津市相知町
  • アザメの瀬。洪水時には左の川から右の山際までが水没する=佐賀県唐津市相知町
  • 橋本博さん
  • 大槌町旧役場庁舎をめぐる動き

朝日新聞社のツイッター展開や「公認アカウント」について

朝日新聞社は、新たな発信や読者のみなさんとの対話をめざして、各部門、総局、取材チームなどのグループや、記者個人によるツイッター活用をすすめています。さまざまなテーマや取材拠点から、記事の裏話や紙面で紹介できなかった写真も掲載しているほか、さまざまな出来事の実況中継も試みています。

各記事の見出しの上にある ツイッターにこのエントリを登録 ボタンを押すと、ツイート用の短縮URLと見出しが表示されます。

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】ガチっと押し込む感触も最高

    80年代デザインのラジカセ

  • 写真

    【&TRAVEL】パリ、無愛想な猫だが……

    1日1旅

  • 写真

    【&M】正月以外も使えるかるた

    爆笑誘う奇想天外な絵と言葉

  • 写真

    【&w】小さな家の生活日記が本に

    東京の台所 番外編

  • 写真

    好書好日禁じられたものに触れたい

    小説「出版禁止」第2弾刊行

  • 写真

    WEBRONZA定年後10万時間の使い方

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン“6つ星”と評されるホテル

    これぞまさにプーケットの楽園

  • 写真

    T JAPAN4匹の猫と華麗なる共演。

    女性のための優美な機械式時計

  • 写真

    GLOBE+サウジNo1おむつは日本製

    女性だけの工場も現地に作った

  • 写真

    sippo河川敷の“ホームレス犬”

    老いて初めての室内暮らし

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ