メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

記者ページ

石橋英昭(編集委員)

twitter icon

朝日新聞記者。2013年秋から、仙台を拠点に、津波の被災地を、東北のあちこちを、歩き回っています。時々つまずきながら。

石橋英昭 最新のツイート

写真から石橋英昭のニュースを見る

  • 戦前の貞山堀の映像=アサヒホームグラフから
  • 震災時の教訓を語る竹内直人さん
  • 末永新さん
  • 3匹並びの猫石像=村田町歴史みらい館提供
  • 桜が切られるのを見守る千葉静子さん(左)=5日、仙台市若林区舟丁
  • 芹出荷組合の今野幹男さん。本田への定植を控え、いまは種ゼリを育てている=宮城県名取市上余田
  • 遺族の実家があった場所。その一帯だけを残し、周りは3メートルの盛り土がされている=宮城県名取市閖上
  • 「シシガミ」と名付けられているカモシカ=名取市の尚絅学院大、鳥羽妙准教授提供
  • 住宅基礎や建物の残骸が残された震災遺構。後方は荒浜小=仙台市若林区荒浜
  • 自宅の壁に貼った英文で語り部の練習をする高橋匡美さん。棚には両親の遺影がある=宮城県塩釜市
  • 断食明けで、ハラルビハラルのあいさつを交わすインドネシア人たち。女性の多くはジルバブと呼ぶスカーフを巻く=宮城県塩釜市の杉村惇美術館
  • 割引キャンペーンでスクラムを組む(左から)宮城、福島、山形3県の若手旅館経営者ら=仙台市
  • なとりこどもファンドの公開審査会。同世代の審査員を前にプレゼンをする=宮城県名取市
  • 時々やってくる猫ピアニスト=せんだいメディアテークのツイッターから
  • 大河原町・白石川の一目千本桜=2010年4月20日
  • 熊野那智神社宮司・井上幸太郎さん。境内からは名取市街が見渡せる=宮城県名取市高舘吉田
  • 黒板を見つめる寺澤武幸さん=宮城県名取市閖上、小玉重隆撮影
  • 期日前投票所の「記念撮影所」。後ろの不気味な男性が「岩沼係長」、モデルは選管職員です=岩沼市役所6階
  • 米軍が作成したリト・モザイク。蛇行する広瀬川や「SENDAI AREA TARGET」などの文字が見える。円の半径は1・2キロで、円内右下の白線で囲まれている部分は仙台駅・操車場(米国立公文書館所蔵、工藤洋三さん提供)
  • 村松淳司さん
  • 家屋の被害状況を調べる職員ら=2019年6月25日午前、山形県鶴岡市鼠ケ関

WEBRONZA・WEB新書掲載の石橋英昭のニュース

記事がありません。

朝日新聞社のツイッター展開や「公認アカウント」について

朝日新聞社は、新たな発信や読者のみなさんとの対話をめざして、各部門、総局、取材チームなどのグループや、記者個人によるツイッター活用をすすめています。さまざまなテーマや取材拠点から、記事の裏話や紙面で紹介できなかった写真も掲載しているほか、さまざまな出来事の実況中継も試みています。

各記事の見出しの上にある ツイッターにこのエントリを登録 ボタンを押すと、ツイート用の短縮URLと見出しが表示されます。

PR注目情報

注目コンテンツ