メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月04日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

記者ページ

小泉信一(編集委員)

twitter icon

朝日新聞編集委員。大衆文化・芸能担当。著書に「東京下町」「東京スケッチブック」「おーい、寅さん」など。最新刊は「寅さんの伝言」(講談社)。北海道から沖縄まで各地の路地裏を徘徊。昭和歌謡や旅芝居、大衆酒場、銭湯をこよなく愛しております。

小泉信一 最新のツイート

写真から小泉信一のニュースを見る

  • 「ウルトラマンは強いだけでは駄目。優しくなければいけないんです」と語る古谷敏さん=東京・渋谷の円谷プロダクション
  • 撮影所でウルトラマンと対面。斬新なデザインにほれ込んでしまったという=本人提供
  • 近所の寺の境内では、紙芝居もあった。前列左から2人目、爪をかんでいるのが古谷敏さん=本人提供
  • ちあきなおみ
  • コロナ禍の今年、脳裏に浮かんだのは「ウルトラQ」で演じたケムール人だったという=東京・渋谷の円谷プロダクション
  • ちあきなおみ
  • 「ちあきなおみ 沈黙の理由」
  • 肉体の門(風雪社)
  • 寺崎美紅さん  
  • グラフィック・古家亘
  • バットの長さは87.5センチ。重さ約1キロ。材料にはタモが使われたという
  • テリー伊藤さん=篠塚ようこ撮影
  • 川崎大師平間寺境内にそびえる八角五重塔の高さは31・5メートル。屋根の八角は最も円に近い形とされ、「包容力」「完全性」を象徴しているという=川崎市川崎区大師町
  • 「義理と人情」を出したころの源了圓さん。「もっといろいろな角度からの日本文化論が出てよいはず」と話していた=1969年
  • サンゴのかんざしを愛用していた内海桂子さん。後ろに見えるのは長年愛用した三味線=2010年、東京・浅草の東洋館
  • グラフィック・花岡紗季
  • 夜の宴席でガマ口上を披露する吉岡久子さん。よどみなく流れる口上に客は聞きほれた=2013年
  • 今回出版された「記念日事典」。上巻が1~6月、下巻が7~12月となっている
  • 今回出版された「記念日事典」。上巻が1~6月、下巻が7~12月となっている
  • 「後藤新平賞」の授賞式には、アイヌ文様が施された鉢巻き「マタンプシ」に首飾り「タマサイ」、そして民族衣装で臨んだ。撮影は会場近くの緑地で行った=東京都千代田区

WEBRONZA・WEB新書掲載の小泉信一のニュース

記事がありません。

朝日新聞社のツイッター展開や「公認アカウント」について

朝日新聞社は、新たな発信や読者のみなさんとの対話をめざして、各部門、総局、取材チームなどのグループや、記者個人によるツイッター活用をすすめています。さまざまなテーマや取材拠点から、記事の裏話や紙面で紹介できなかった写真も掲載しているほか、さまざまな出来事の実況中継も試みています。

各記事の見出しの上にある ツイッターにこのエントリを登録 ボタンを押すと、ツイート用の短縮URLと見出しが表示されます。

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】子どもの好奇心に寄りそう

    厚切りジェイソンさん

  • 写真

    【&M】遊び心をくすぐるワイナリー

    甲州「98WINEs」

  • 写真

    【&TRAVEL】自然とグルメの楽園チェジュ

    済州観光公社

  • 写真

    【&M】素材にこだわる南インド料理

    タミルナドゥ(東京・目黒)

  • 写真

    【&w】ジャムを炊きながらの妄想

    料理人・野村友里さん

  • 写真

    好書好日脱成長コミュニズムとは何か

    斎藤幸平さんのマルクス新解釈

  • 写真

    論座菅政権の逃げの政治の危うさ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン岸谷五朗が綴る大人の物語

    「部長メシ」が持つ特別な意味

  • 写真

    T JAPAN巨匠写真家ニュートンの素顔

    女性の視点から描く

  • 写真

    GLOBE+モルドバ「鉄の女」が勝利

    ロシアの頭痛の種がまたひとつ

  • 写真

    sippo動物看護師の細やかな心配り

    犬や猫の不安をやわらげる

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ