メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月15日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

記者ページ

小滝ちひろ(編集委員)

twitter icon

 編集委員。担当は文化財と古社寺。奈良をベースに東へ西へ。空手とAFVプラモにはまってます。ツイッターでの投稿内容は私個人の意見です。朝日新聞社の見解ではありません。RTやリンクは賛意とは限りません。

小滝ちひろ 最新のツイート

写真から小滝ちひろのニュースを見る

  • 川上ミネさん
  • 佐々木香輔さん
  • ヘルメットをかぶって東塔の最上部を見学する参拝者ら=2019年4月27日午前、奈良市西ノ京町の薬師寺、小滝ちひろ撮影
  • 隔夜寺に残されていた空也上人立像の写真。「空也堂所蔵」と記され、明治時代に撮影された写真を大正時代に複写したものとみられる(奈良国立博物館提供)
  • 藤田美術館展で公開された「曜変天目茶碗」=2019年4月12日午後2時11分、奈良市登大路町の奈良国立博物館、小林一茂撮影
  • 国の法隆寺国宝保存工事事務所が1954年に撮影した金堂壁画1号壁(釈迦浄土図)=法隆寺提供
  • 最上部、3層目の屋根瓦を外すと複雑に組まれた大小の部材が現れた。これらをひとつずつ外して、基壇だけになるまで解体が進められた=2013年3月13日、飯塚晋一撮影
  • 構造部の組み立ては徐々に進み、各層の屋根の形ができていった=2017年7月13日、宮崎亮撮影
  • 同時期に公開される国宝・曜変天目
  • 解体修理前の薬師寺東塔。この姿が戻ってくるのは今年末か、2020年初頭ごろになりそうだ=2009年、奈良市
  • 「こだわっているのはやっぱりパンの味!」。オーナーシェフの泉川賢二さんは、ブルートレインをゆっくり眺めるひまもないほど忙しい=2019年1月30日午後4時21分、京都府木津川市、高野良輔撮影
  • 国宝・曜変天目茶碗(部分、12~13世紀、中国・南宋)=藤田美術館蔵
  • 曜変天目(藤田美術館蔵)(奈良国立博物館提供)
  • 法隆寺境内にある収蔵庫の内部=2018年1月、奈良県斑鳩町
  • 収蔵庫内にたてられた焼損壁画と金堂の部材=2015年11月、奈良県斑鳩町、遠藤真梨撮影
  • 焼損5年後と現状の比較/法隆寺金堂の壁画の配置図<グラフィック・山中位行>
  • 文化財防火デーの26日、焼損壁画が保存されている収蔵庫で法要に臨む関係者ら=2019年1月26日午前、奈良県斑鳩町、小川智撮影
  • 1号壁の釈迦浄土図。釈迦の脇に薬王、薬上両菩薩(ぼさつ)や仏弟子10人が描かれた=2015年撮影、奈良県斑鳩町
  • 阿修羅像の胸部分のCT画像。縦横に心木が入っている=興福寺提供
  • 明治時代に作られ、「曲水の宴」を表現したひな人形=2018年12月21日、奈良市の依水園、金居達朗撮影
  • フェリーが往来する三津浜港は水野広徳の里であり、正岡子規らが松山を旅立った「海の玄関口」でもあった=19日、松山市、井手さゆり撮影

WEBRONZA・WEB新書掲載の小滝ちひろのニュース

記事がありません。

朝日新聞社のツイッター展開や「公認アカウント」について

朝日新聞社は、新たな発信や読者のみなさんとの対話をめざして、各部門、総局、取材チームなどのグループや、記者個人によるツイッター活用をすすめています。さまざまなテーマや取材拠点から、記事の裏話や紙面で紹介できなかった写真も掲載しているほか、さまざまな出来事の実況中継も試みています。

各記事の見出しの上にある ツイッターにこのエントリを登録 ボタンを押すと、ツイート用の短縮URLと見出しが表示されます。

PR注目情報

注目コンテンツ