メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

記者ページ

松浦新(さいたま総局)

twitter icon

朝日新聞記者。報道局経済部。担当はない。最近は『電気料金はなぜ上がるのか』(岩波新書)をまとめた。NHK記者、くらし編集部、週刊朝日編集部、be編集部、特別報道部など。

松浦新 最新のツイート

写真から松浦新のニュースを見る

  • 職人に教える水沼貴裕工房長(中央)=埼玉県北本市のエイワ北本工房
  • 感染症の報告がほとんどなくなっていることがわかるグラフ=埼玉県ホームページより
  • 居酒屋の空席で仕事をするイメージ。写真は居酒屋とクリップラインの担当者がパソコンを使う状況を再現したもの=さいたま市の居酒屋「うま囲浦和駅西口店」
  • 近く、働く時の介助をさいたま市に申請する予定の上野美佐穂さん(左)とすでに市の制度で働いている猪瀬智美さん=昨年9月、さいたま市内
  • ベンチャー企業「クリップライン」の移転前の東京・田町のオフィス。在宅勤務が原則となり閑散としている=同社提供、5月撮影
  • リモートワークの導入で無人となったIT企業のオフィス=4月、東京都港区、古屋聡一撮影
  • 日本百名山の一つ磐梯山のふもとにあるライフルが運営する施設
  • テラスで仕事などをする会津磐梯の滞在者。真夏でも涼しい風が吹いて快適だ
  • レジなどで当たり前になったビニールカーテンはホームセンターの透明なテーブルクロスが使われた=さいたま市中央区の島忠ホームズ中央店
  • さいたま市立の小中学校PTA会長に最初に送られた米の引き受け依頼
  • 署名とともに要望書を手渡した埼玉県精神障害者家族会連合会の岡田会長(左から2番目)=埼玉県庁
  • 自宅でパソコンに向かう猪瀬敦美さん=本人提供
  • グラフは、さいたま市PTA協議会と日本PTA全国協議会の資料から
  • ドライブスルーでPCR検査の検体を採る医師=さいたま市北区の大宮医師会(画像の一部を加工しています)
  • 画面を通して「清き一票を」と訴えた候補者=2020年5月27日午後2時5分、埼玉県伊奈町の国際学院高校、猪瀬明博撮影
  • 臨時休業中の店も目立ち、観光客の姿もまばらな川越一番街=2020年5月25日、埼玉県川越市幸町

朝日新聞社のツイッター展開や「公認アカウント」について

朝日新聞社は、新たな発信や読者のみなさんとの対話をめざして、各部門、総局、取材チームなどのグループや、記者個人によるツイッター活用をすすめています。さまざまなテーマや取材拠点から、記事の裏話や紙面で紹介できなかった写真も掲載しているほか、さまざまな出来事の実況中継も試みています。

各記事の見出しの上にある ツイッターにこのエントリを登録 ボタンを押すと、ツイート用の短縮URLと見出しが表示されます。

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】プログラミング教育の本質

    利根川裕太さんが語る

  • 写真

    【&M】酒が止まらなくなる!

    美味な和食と名物「へぎそば」

  • 写真

    【&TRAVEL】カフェで見た文字は…

    1日1旅

  • 写真

    【&M】トヨタの燃料電池車MIRAI

    新型プロトタイプ車に試乗

  • 写真

    【&w】窓からの眺めを生かして

    リノベーション・スタイル

  • 写真

    好書好日ネガティブな自分を克服する

    ユーチューバー・エミリンさん

  • 写真

    論座徐正敏『日韓関係論草稿』

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン思いをひとつにする会食

    パエリアで狙う一体感

  • 写真

    T JAPAN魅惑のベトナムガイド

    食、ホテル、世界遺産も!

  • 写真

    GLOBE+若者のタトゥー人気を警戒

    NYタイムズ世界の話題

  • 写真

    sippoコロナ禍で犬を迎えた方へ

    子犬は最初の1年が肝心

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ