メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

記者ページ

守真弓(シンガポール支局)

twitter icon

 朝日新聞記者の守真弓です。04年に入社し、岐阜、仙台総局を経て、政治部、文化部へ。「新年企画班」に参加。「男はつらいよ」を熱愛しています。

守真弓 最新のツイート

写真から守真弓のニュースを見る

  • マレーシアの首都クアラルンプールで2018年9月20日、裁判所に入るナジブ前首相(中央)=AP
  • 両首脳に提供したビーフコンフィのポテトグラタン添え。セニアさんが再現してくれた=シンガポール、守真弓撮影
  • 停電に備え、自宅に置いておくとよい物
  • 政権交代が決まった直後のマレーシア各紙の1面。「野党が勝利を主張」などと抑えた見出しが目立った=クアラルンプール、守真弓撮影
  • 共同会見を終え、笑顔で握手をするマレーシアのマハティール首相(左)と中国の李克強首相=20日、北京、延与光貞撮影
  • 署名式を前に談笑するマレーシアのマハティール首相(左)と中国の李克強首相=2018年8月20日、北京、延与光貞撮影
  • 正男氏が殺害された時に持っていた旅券のビザ欄。欧州各国に滞在できる「シェンゲン・ビザ」を持っていた=関係者提供
  • 5月10日、マレーシア史上初の政権交代が実現したことを伝えているはずの紙面。「野党が勝利を主張」と抑制的な見出しが並んだ=守真弓撮影
  • 地震で65のモスクが損壊した。損壊したモスクの前の広場に入りきれなかった人々は車道で礼拝した=10日
  • 避難生活を送る岡本みどりさん(右)は6年前に結婚してロンボク島に移り住んだ=9日、ロンボク島、守真弓撮影
  • 避難生活を送る岡本みどりさん(右)は6年前に結婚してロンボク島に移り住んだ=9日、ロンボク島、守真弓撮影
  • ロンボク島の避難所は水も食料も不足している。民間支援団体が物資を届けると、テントから少年が飛び出して受け取った=8日、守真弓撮影
  • 地震で倒壊したロンボク島西パメナン地区のモスク。複数が生き埋めになっているとみられている=7日、守真弓撮影
  • インドネシア・ロンボク島で6日、地震で倒壊したモスク(イスラム礼拝所)のそばで、下敷きになったバイクを取り出す作業をする人たち=ロイター

WEBRONZA・WEB新書掲載の守真弓のニュース

記事がありません。

朝日新聞社のツイッター展開や「公認アカウント」について

朝日新聞社は、新たな発信や読者のみなさんとの対話をめざして、各部門、総局、取材チームなどのグループや、記者個人によるツイッター活用をすすめています。さまざまなテーマや取材拠点から、記事の裏話や紙面で紹介できなかった写真も掲載しているほか、さまざまな出来事の実況中継も試みています。

各記事の見出しの上にある ツイッターにこのエントリを登録 ボタンを押すと、ツイート用の短縮URLと見出しが表示されます。

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】歯周病予防にも!

    電動歯ブラシはこれを選ぶ

  • 写真

    【&TRAVEL】「赤毛のアン」ゆかりの島へ

    プリンス・エドワード島

  • 写真

    【&M】土鍋で炊きたてご飯のランチ

    銀座米料亭 八代目儀兵衛

  • 写真

    【&w】人はなぜ人に暴力を振るうか

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日ちょっと目線を上げて生きる

    高山都さん語る「美・食・姿」

  • 写真

    WEBRONZA定年後10万時間の使い方

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン“6つ星”と評されるホテル

    これぞまさにプーケットの楽園

  • 写真

    T JAPAN新ブランドがこの秋、デビュー

    RUMIKOの新たな挑戦

  • 写真

    GLOBE+消える領土と闘う「王様」

    NYT世界の話題

  • 写真

    sippo元野良猫を家に向かえた

    その夜、猫は鳴きつづけた

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ