メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

記者ページ

中村俊介(編集委員)

twitter icon

朝日新聞編集委員。西部本社(九州・山口・沖縄)の文化グループにいます。歴史・考古学、文化財、伝統工芸、世界遺産などを主に担当。クラシックやオーディオ好き。フォークギターで熱く歌います。柔道黒帯。著書に『世界遺産が消えてゆく』『文化財報道と新聞記者』など。

中村俊介 最新のツイート

写真から中村俊介のニュースを見る

  • インドネシアの仮面=大阪府吹田市、滝沢美穂子撮影
  • 危機遺産が多いのはどの地域か
  • 世界遺産登録までの流れ/世界遺産の登録国トップ3
  • どこまで復元は許されるか
  • 「勧告」でイコモスが考慮を求めた主な指摘
  • 油滴天目(ゆてきてんもく)
  • 宮内庁が応神天皇陵として管理する誉田御廟山古墳の拝所=大阪府羽曳野市
  • 西南戦争の舞台となった鶴丸城の石垣には、いまも弾痕が生々しく残る=鹿児島市
  • 百舌鳥古墳群。手前が大山古墳(伝仁徳天皇陵)=堺市、本社ヘリから、小林裕幸撮影
  • 島谷館長と応援大使のサラ・オレインさん
  • 百舌鳥・古市古墳群
  • 悠久の眠りから目覚めた吉野ケ里遺跡の巨大環濠集落=1989年
  • 復元金印。右に付属するのは、切り取る前の湯口の部分
  • 出土した錨形鉄器=春日市教委提供
  • 中原遺跡(佐賀県唐津市)のすずりの未製品(下)、同(中左)と研石の未製品(中右)、石鋸(上、柳田康雄さん提供)
  • 公演後のレセプションで仲間と談笑するアルゲリッチさん(中央)=ローマ、中村俊介撮影
  • パイプオルガンの複雑で大がかりな調整作業を続けるケルンさん=福岡市博多区のホテル日航福岡
  • 「錦手四君子図茶壺形蓋付壺」=エルミタージュ美術館蔵
  • 土器に閉じ込められたコクゾウムシの3D画像(小畑弘己教授提供)
  • 悪石島のボゼ=2018年8月26日、鹿児島県十島村、中村俊介撮影
  • たきの手紙。なかほどにシーボルトの名が見える(ライデン大学図書館所蔵、宮崎教授提供)

WEBRONZA・WEB新書掲載の中村俊介のニュース

記事がありません。

朝日新聞社のツイッター展開や「公認アカウント」について

朝日新聞社は、新たな発信や読者のみなさんとの対話をめざして、各部門、総局、取材チームなどのグループや、記者個人によるツイッター活用をすすめています。さまざまなテーマや取材拠点から、記事の裏話や紙面で紹介できなかった写真も掲載しているほか、さまざまな出来事の実況中継も試みています。

各記事の見出しの上にある ツイッターにこのエントリを登録 ボタンを押すと、ツイート用の短縮URLと見出しが表示されます。

PR注目情報

注目コンテンツ