メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月11日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

記者ページ

西村宏治(シンガポール支局長)

twitter icon

2000年朝日新聞入社。日本では東京、大阪、神戸、京都、仙台、静岡、長野の各地で勤務経験あり。GLOBE編集部を経て2020年4月にシンガポールに赴任。GLOBEでは「デジタルプライバシー」「麻薬」「土」「データサイエンス」「迷惑」などの特集を担当しました。

西村宏治 最新のツイート

写真から西村宏治のニュースを見る

  • ミャンマーのヤンゴンで5日、国軍への抗議デモでの犠牲者の追悼に集まり、抵抗のシンボルである3本指を掲げる人々=AP
  • ミャンマー情勢をめぐる構図
  • ジャカルタで5日、高齢者向けの接種のために準備されていた中国シノバック製のワクチン=ロイター
  • コロナ禍で都市封鎖が行われたインド・ムンバイのスラム街で携帯電話を見る少年ら=2020年4月、ロイター
  • Eバウチャーを手にするベティ・マガンダさん(右)と夫のトーマスさん=2020年11月、ジンバブエ・ハラレ近郊、遠藤雄司撮影
  • 座礁した大型貨物船の船首部分。スエズ運河のへりに衝突した=スエズ運河庁提供
  • 新型コロナ対応で、なぜ「サーキットブレーカー」が検討されるのか
  • 新型コロナ対応で、なぜ「サーキットブレーカー」が検討されるのか
  • コロナ対策品のセットを見せてくれた祭礼品店「ゲイラン・ティエンファッシャン」のサリー・リムさん=西村宏治撮影
  • アッシャファー・モスク
  • 宗教的リハビリグループの展示室。世界のさまざまなテロ事件についての解説があった=シンガポール、西村宏治撮影
  • ポロシャツの背中には「セーフ・ディスタンシング・アンバサダー」の文字。制服を見ただけで、慌ててマスクをつけ直そうとする人もいる=2月2日、西村宏治撮影
  • ヤンゴンで2月26日、仲間の僧侶とともに国軍への抗議デモをするアシンサンダーティリさん(前列右)=ノーコーコー撮影
  • ヤンゴンで1日、前日のデモで男性が射殺された現場に花を手向ける人々=ロイター
  • ヤンゴンのインドネシア大使館前で24日、インドネシア政府がミャンマー国軍を支援しないよう求めるデモ参加者ら=ノーコーコー撮影
  • ヤンゴンのインドネシア大使館前で24日、インドネシア政府がミャンマー国軍を支援しないよう求めるデモ参加者ら=ノーコーコー撮影
  • 北京で2013年12月、中国の習近平国家主席(右)とバイデン米大統領(当時は副大統領)が握手を交わした=ロイター
  • 各国・地域の主な罰則

朝日新聞社のツイッター展開や「公認アカウント」について

朝日新聞社は、新たな発信や読者のみなさんとの対話をめざして、各部門、総局、取材チームなどのグループや、記者個人によるツイッター活用をすすめています。さまざまなテーマや取材拠点から、記事の裏話や紙面で紹介できなかった写真も掲載しているほか、さまざまな出来事の実況中継も試みています。

各記事の見出しの上にある ツイッターにこのエントリを登録 ボタンを押すと、ツイート用の短縮URLと見出しが表示されます。

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】本上まなみの暮らしと子育て

    様々な選択肢を自由にチョイス

  • 写真

    【&TRAVEL】忍者市で伊賀牛に舌鼓

    あの街の素顔

  • 写真

    【&TRAVEL】ドイツの魅力をお届け

    4月23日オンラインイベント

  • 写真

    【&M】ライバル企業はどこ? 

    ZOZOが答えた意外な2社

  • 写真

    【&w】手で話す人々とともに生きる

    いま会いたい! イギル・ボラ

  • 写真

    好書好日東村アキコさんの恋愛漫画

    新作はイメージ一転の「初恋」

  • 写真

    論座宮崎緑さんが活躍する理由

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンおすすめのネクタイブランド

    シーンに応じた選び方とは

  • 写真

    Aging Gracefully運動を不足解消!

    キビキビ散歩のススメ

  • 写真

    GLOBE+仮釈放を拒み続けたわけ

    68年間、獄中にいた黒人男性

  • 写真

    sippo多頭崩壊から救出のチワワ

    散歩やカフェを楽しむ日々

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ