メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

記者ページ

大久保真紀(編集委員)

twitter icon

朝日新聞編集委員。1987年から記者をしています。おもに社会部畑を歩いてきました。市井の人々の営み、ふつうの人たちのことを書きたいと思ってきました。水の中は得意です。

大久保真紀 最新のツイート

写真から大久保真紀のニュースを見る

  • 今年は14人が寺子屋で学んでいる。後ろが村人が総出で作るかやぶきの教室。イブラヒム・ガド先生(左後ろ)は「公教育に戻れるように教えている」と話す=2019年6月29日、ニジェール・クオラテギ村、大久保真紀撮影
  • 子どものアドボカシーって何?
  • 子どものアドボカシーって何?/「声を聴く」とは
  • 寺子屋で勉強する子どもたち=ニジェール・クオラテギ村、コモン・ニジェール提供
  • 山元研二さん
  • 栄養不良の上、下痢と呼吸器疾患で病院にやってきたハブ・ラベ君(手前)と母親=ニジェール・ザンデール、大久保真紀撮影
  • 松沢病院の斎藤正彦院長=嶋田達也撮影
  • タブレットを使って勉強するトンディビア小学校の6年生たち=ニジェール・ニアメー、大久保真紀撮影
  • 「精神科医療は社会の反映にすぎない。社会が弱い人に不寛容になっています」=東京都世田谷区、嶋田達也撮影
  • 1日1食で小学校に通うバダラトゥ・マハマドゥーさん。「知識をつけたら仕事につけるかな」と語った=2019年6月23日、ニジェール・ニアメー、大久保真紀撮影
  • 1日1食で小学校に通うバダラトゥ・マハマドゥーさん。「知識をつけたら仕事につけるかな」と語った=ニジェール・ニアメー、大久保真紀撮影
  • 実家で父母と並ぶファチマ・バハラズさん(右)。「この家は人口密度が高すぎる」と母(左)は言った=ニジェール・ザンデール州エルダワ村、大久保真紀撮影
  • 「いま一番ほしいものはお金。食べものを買いたい」と話すファチマ・バハラズさん。隣はいとこ=2019年6月25日、ニジェール・ザンデール州エルダワ村、大久保真紀撮影
  • 両親に囲まれたウゼイル・ハブさん(右から2人目)は「いつかは村で小売店を開きたい」と夢を語る=ニジェール・ザンデール州エルダワ村、大久保真紀撮影
  • 両親に囲まれたウゼイル・ハブさん(右から2人目)は「いつかは村で小売店を開きたい」と夢を語る=ニジェール・ザンデール州エルダワ村、大久保真紀撮影
  • 真紀子さんあてのはがき。時には絵も描いてきた=大久保真紀撮影
  • 遠藤美幸さんが元日本兵の金泉潤子郎さんから託された従軍手帳=2019年7月29日、東京都中野区、江口和貴撮影
  • 真紀子さんあてのはがき。時には絵も描いてきた=大久保真紀撮影
  • 戦地にいる父から田淵啓一さんあてに送られてきたはがき=大久保真紀撮影
  • 遠藤美幸さんが元日本兵の金泉潤子郎さんから託された従軍手帳=東京都中野区、江口和貴撮影
  • 中村すえこさん

朝日新聞社のツイッター展開や「公認アカウント」について

朝日新聞社は、新たな発信や読者のみなさんとの対話をめざして、各部門、総局、取材チームなどのグループや、記者個人によるツイッター活用をすすめています。さまざまなテーマや取材拠点から、記事の裏話や紙面で紹介できなかった写真も掲載しているほか、さまざまな出来事の実況中継も試みています。

各記事の見出しの上にある ツイッターにこのエントリを登録 ボタンを押すと、ツイート用の短縮URLと見出しが表示されます。

PR注目情報

注目コンテンツ