メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月04日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

記者ページ

沢村亙(アメリカ総局)

twitter icon

朝日新聞記者。2度のロンドン、1度のパリ勤務を経て、このほど帰国。9月から半年間、中国の大学で研究生活です。日本を相対化する試みはまだまだ続きます。

沢村亙 最新のツイート

写真から沢村亙のニュースを見る

  • 米デラウェア州ウィルミントンで4日、演説するバイデン氏=AP
  • 「冬の西陽(にしび)」 絵・皆川明
  • 米アリゾナ州のマリコパ郡の開票所前で4日、抗議活動をするトランプ氏の支持者ら=ロイター
  • 5日、ホワイトハウスで会見するトランプ大統領=ワシントン、ランハム裕子撮影
  • 「米国を再び偉大に」というトランプ大統領のスローガンが書かれた陶器の帽子がホワイトハウス前で割られていた=3日午後、ワシントン、ランハム裕子撮影
  • 3日、ホワイトハウス周辺で口げんかをする「米国を再び偉大に」と書かれたTシャツを着たトランプ支持者(左)と反対派の女性=ワシントン、ランハム裕子撮影
  • 「鳥の唄」 絵・皆川明
  • フランシス・フクヤマさん
  • 「帰属意識が異なる者への恐れや不信感が、根拠のない陰謀論をはびこらせています」(写真はスタンフォード大提供)
  • 4日、米メリーランド州の病院前に集まった支持者に手を振るトランプ米大統領=AFP時事。車は密閉されており、同乗者の感染リスクが指摘されている
  • 4日、米メリーランド州の病院前に集まった支持者に手を振るトランプ米大統領=AFP時事。車は密閉されており、同乗者の感染リスクが指摘されている
  • 「生まれる前に見た夢」 絵・皆川明
  • インタビューに応じるボルトン前米大統領補佐官=ワシントン、ランハム裕子撮影
  • 「菅義偉首相にはトランプ氏の行動パターンを見極めるよう助言したい。急いで動かないこと」=ランハム裕子撮影
  • 演説するバイデン氏(左)とトランプ氏=AFP時事。初の直接対決となった
  • 黒人男性が警察官から銃撃されて重傷を負った事件への抗議が続くウィスコンシン州ケノーシャを1日、視察に訪れたトランプ大統領=AP。トランプ氏は治安当局者らと面会し、「(デモ隊の)行為はテロ活動だ」と批判した
  • 「無何有(むかう)」 絵・皆川明
  • ジョン・ホルドレン氏

朝日新聞社のツイッター展開や「公認アカウント」について

朝日新聞社は、新たな発信や読者のみなさんとの対話をめざして、各部門、総局、取材チームなどのグループや、記者個人によるツイッター活用をすすめています。さまざまなテーマや取材拠点から、記事の裏話や紙面で紹介できなかった写真も掲載しているほか、さまざまな出来事の実況中継も試みています。

各記事の見出しの上にある ツイッターにこのエントリを登録 ボタンを押すと、ツイート用の短縮URLと見出しが表示されます。

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】子どもの好奇心に寄りそう

    厚切りジェイソンさん

  • 写真

    【&M】遊び心をくすぐるワイナリー

    甲州「98WINEs」

  • 写真

    【&TRAVEL】自然とグルメの楽園チェジュ

    済州観光公社

  • 写真

    【&M】素材にこだわる南インド料理

    タミルナドゥ(東京・目黒)

  • 写真

    【&w】ジャムを炊きながらの妄想

    料理人・野村友里さん

  • 写真

    好書好日脱成長コミュニズムとは何か

    斎藤幸平さんのマルクス新解釈

  • 写真

    論座菅政権の逃げの政治の危うさ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン岸谷五朗が綴る大人の物語

    「部長メシ」が持つ特別な意味

  • 写真

    T JAPAN巨匠写真家ニュートンの素顔

    女性の視点から描く

  • 写真

    GLOBE+モルドバ「鉄の女」が勝利

    ロシアの頭痛の種がまたひとつ

  • 写真

    sippo動物看護師の細やかな心配り

    犬や猫の不安をやわらげる

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ