メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月11日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

記者ページ

沢村亙(アメリカ総局)

twitter icon

朝日新聞記者。2度のロンドン、1度のパリ勤務を経て、このほど帰国。9月から半年間、中国の大学で研究生活です。日本を相対化する試みはまだまだ続きます。

沢村亙 最新のツイート

写真から沢村亙のニュースを見る

  • 「HOPE,HAPPY,HEALTH,HUMOR,HUMAN」 絵・皆川明
  • 民主党の予備選を前にしたバイデン氏の政治集会は、年配層の姿が目立った=2019年10月、ランハム裕子撮影
  • 「ハラペコ」絵・皆川明
  • 「ハラペコ」 絵・皆川明
  • 「お近づきのしるし」 絵・皆川明
  • ワシントンで20日、大統領就任式の会場に到着したバイデン夫妻=AP
  •   
  • ワシントンのホワイトハウスで20日、打ち上げられた花火をバルコニーから見上げるバイデン氏と妻ジル氏=ロイター
  • 「ウトウト」 絵・皆川明
  • 「ひらめき」 絵・皆川明
  • 「影と握手」 絵・皆川明
  • 米デラウェア州ウィルミントンで4日、演説するバイデン氏=AP
  • 「冬の西陽(にしび)」 絵・皆川明
  • 米アリゾナ州のマリコパ郡の開票所前で4日、抗議活動をするトランプ氏の支持者ら=ロイター
  • 5日、ホワイトハウスで会見するトランプ大統領=ワシントン、ランハム裕子撮影
  • 「米国を再び偉大に」というトランプ大統領のスローガンが書かれた陶器の帽子がホワイトハウス前で割られていた=3日午後、ワシントン、ランハム裕子撮影
  • 3日、ホワイトハウス周辺で口げんかをする「米国を再び偉大に」と書かれたTシャツを着たトランプ支持者(左)と反対派の女性=ワシントン、ランハム裕子撮影
  • 「鳥の唄」 絵・皆川明

朝日新聞社のツイッター展開や「公認アカウント」について

朝日新聞社は、新たな発信や読者のみなさんとの対話をめざして、各部門、総局、取材チームなどのグループや、記者個人によるツイッター活用をすすめています。さまざまなテーマや取材拠点から、記事の裏話や紙面で紹介できなかった写真も掲載しているほか、さまざまな出来事の実況中継も試みています。

各記事の見出しの上にある ツイッターにこのエントリを登録 ボタンを押すと、ツイート用の短縮URLと見出しが表示されます。

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】本上まなみの暮らしと子育て

    様々な選択肢を自由にチョイス

  • 写真

    【&TRAVEL】忍者市で伊賀牛に舌鼓

    あの街の素顔

  • 写真

    【&TRAVEL】ドイツの魅力をお届け

    4月23日オンラインイベント

  • 写真

    【&M】ライバル企業はどこ? 

    ZOZOが答えた意外な2社

  • 写真

    【&w】手で話す人々とともに生きる

    いま会いたい! イギル・ボラ

  • 写真

    好書好日東村アキコさんの恋愛漫画

    新作はイメージ一転の「初恋」

  • 写真

    論座宮崎緑さんが活躍する理由

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンおすすめのネクタイブランド

    シーンに応じた選び方とは

  • 写真

    Aging Gracefully運動を不足解消!

    キビキビ散歩のススメ

  • 写真

    GLOBE+仮釈放を拒み続けたわけ

    68年間、獄中にいた黒人男性

  • 写真

    sippo多頭崩壊から救出のチワワ

    散歩やカフェを楽しむ日々

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ