メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

記者ページ

沢村亙(アメリカ総局)

twitter icon

朝日新聞記者。2度のロンドン、1度のパリ勤務を経て、このほど帰国。9月から半年間、中国の大学で研究生活です。日本を相対化する試みはまだまだ続きます。

沢村亙 最新のツイート

写真から沢村亙のニュースを見る

  • 米ハーバード大学講師のヤシャ・モンクさん「独裁政治になってからでは遅いのです。今のうちに民主主義を守る策を講じなければ」=ニューヨーク、ランハム裕子撮影
  • ホワイトハウスで記者団からの質問に答えるトランプ米大統領=ワシントン、ランハム裕子撮影
  • ヤシャ・モンクさん=ランハム裕子撮影
  • 大統領専用ヘリでホワイトハウスに到着し、報道陣に手を振るトランプ大統領=ワシントン、ランハム裕子撮影
  • 集会で演説するトランプ米大統領=テキサス州ヒューストン、ランハム裕子撮影
  • ケンタッキー州の石炭生産量と石炭産業従事者
  • 閉山した炭鉱。今は観光客向けに坑道が展示されている=ハーラン郡、沢村亙撮影
  • ワシントンで4日、演説するペンス米副大統領=AP
  • トランプ米大統領
  • グラフィック・宮嶋章文  
  • インディアナ州エバンズビルで8月30日、選挙演説するトランプ氏=AP
  • トランプ氏のキャッチフレーズ、「ヘドロをかき出せ」と書かれた看板を手にした集会に参加した支持者=ノースダコタ州ファーゴ、沢村亙撮影
  • 「リベラルな民主主義の基盤が弱まり、人権がかつてほど顧みられない世界になりつつある」=ランハム裕子撮影

朝日新聞社のツイッター展開や「公認アカウント」について

朝日新聞社は、新たな発信や読者のみなさんとの対話をめざして、各部門、総局、取材チームなどのグループや、記者個人によるツイッター活用をすすめています。さまざまなテーマや取材拠点から、記事の裏話や紙面で紹介できなかった写真も掲載しているほか、さまざまな出来事の実況中継も試みています。

各記事の見出しの上にある ツイッターにこのエントリを登録 ボタンを押すと、ツイート用の短縮URLと見出しが表示されます。

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】開放型に脚光再び!

    快適イヤホン生活

  • 写真

    【&TRAVEL】僕の本質はインスタで表現

    連載「原田龍二の温泉番長」

  • 写真

    【&M】スマホで撮った写真は現実か

    最新機種が変える“写真”の意味

  • 写真

    【&w】いま音楽映画に酔いしれたい

    ART&MOVIE

  • 写真

    好書好日熱きボクサー時代を絵本に

    南キャン・しずちゃんの思い

  • 写真

    WEBRONZA自民党と北方領土の関係

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン日本人が知らないオレゴン

    観光客を魅了するわけとは?

  • 写真

    T JAPAN連載・この店の、このひと皿

    南インドの定食「ミールス」

  • 写真

    GLOBE+静かに白人が動いた

    中間選挙に見えた変化の芽

  • 写真

    sippoモデル・松島花さん

    保護猫の情報発信をする理由

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ