メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

記者ページ

鵜飼啓(ニューヨーク支局)

twitter icon

ニューヨーク支局長。台北で約4年勤務し、17年2月からニューヨークに。台北で保護した1匹が加わり、3匹の猫とともに赴任中。投稿は私個人の意見で、朝日新聞社の見解ではありません。RTやリンクは賛意を示すものではありません。

鵜飼啓 最新のツイート

写真から鵜飼啓のニュースを見る

  • 改選した州の上院議員
  • 米ミネソタ州で6日、親族に抱きしめられる民主党候補のイルハン・オマール氏。初の女性イスラム教徒の下院議員となる1人になった=ロイター
  • 「トランプ氏を早く引きずり降ろさないと、引き返せなくなるときが来る」=ニューヨーク、増池宏子氏撮影
  • 米ミシガン州で当選を祝うラシダ・トレイブ氏。初の女性イスラム教徒の下院議員となった=6日、ロイター
  • 「トランプ氏をできるだけ早く引きずり降ろさないと、いつか引き返せなくなるときが来る」=増池宏子氏撮影
  • 米中間選挙で本選に進んだ女性候補者数
  • マンションの一室で開かれた対話集会で支持者と握手するアクシーン氏=2018年10月16日午後5時59分、デモイン、鵜飼啓撮影
  • 米ニューヨークで23日、宝くじ「メガミリオンズ」の大当たりが「16億ドル」とアピールする売店=ロイター
  • 米著名投資家ジョージ・ソロス氏=松尾一郎撮影
  • シルビアズで一番人気のフライドチキンとバーベキューリブのセット。24.95ドル=2018年10月11日、鵜飼啓撮影
  • ニューヨーク・タイムズのサルツバーガー氏=ニューヨーク、ランハム裕子撮影
  • アーサー・グレッグ・サルツバーガーさん=ニューヨーク、ランハム裕子撮影
  • 米ニューヨーク州ショーハリーで7日、リムジンの事故現場を調べる係官=AP
  • ニューヨークで行われた討論会の冒頭、笑顔を見せる劉霞氏(右)=26日、鵜飼啓撮影
  • 米ペンシルベニア州ノリスタウンで25日、刑期の言い渡しを受け、裁判所から連行されるコスビー被告=ロイター
  • マッカレンでカトリック教会が運営する移民の一時受け入れ施設。子どもたちの姿も=2018年8月21日午後4時25分、鵜飼啓撮影
  • 移民らに話しかけるカバソスさん(右奥2人目)ら=8月21日、鵜飼啓撮影
  • 20日、メリーランド州の配送施設で起きた発砲事件を受けて出動する当局者=AP

WEBRONZA・WEB新書掲載の鵜飼啓のニュース

記事がありません。

朝日新聞社のツイッター展開や「公認アカウント」について

朝日新聞社は、新たな発信や読者のみなさんとの対話をめざして、各部門、総局、取材チームなどのグループや、記者個人によるツイッター活用をすすめています。さまざまなテーマや取材拠点から、記事の裏話や紙面で紹介できなかった写真も掲載しているほか、さまざまな出来事の実況中継も試みています。

各記事の見出しの上にある ツイッターにこのエントリを登録 ボタンを押すと、ツイート用の短縮URLと見出しが表示されます。

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】磨き残しをアプリで可視化する

    スマホ連動型スマート歯ブラシ

  • 写真

    【&TRAVEL】叡山電車でめぐる京の紅葉

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】ハリケーンランプの若き職人

    資料が残されていないピンチ

  • 写真

    【&w】安藤和津さんに聞く

    プラチナへの思い〈PR〉

  • 写真

    好書好日チャグムも食べた鳥飯弁当

    「精霊の守り人」の料理を作る

  • 写真

    WEBRONZAマインドフルネスってなに?

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンデルタで上質なフライトを

    上空のぜいたくを堪能する旅

  • 写真

    T JAPAN復活した「フォアグラ」の魅力

    ギィ・マルタンシェフが語る

  • 写真

    GLOBE+静かに白人が動いた

    中間選挙に見えた変化の芽

  • 写真

    sippo猫の性格は毛柄で決まる?

    大学でまじめに調査

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ