メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月15日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

記者ページ

吉岡桂子(編集委員(アジア総局@バンコク駐在))

twitter icon

 編集委員。2017年6月からアジア総局(バンコク)駐在。毎週木曜日朝刊のザ・コラムの筆者の一人。
 上海(04年~05年)、北京(05年~07年、10年~13年)特派員。中国や日中関係を視座を変えてウォッチします。現場や対話を大事に、時に道草もしながら、テーマを追いかけます。鉄道を筆頭に、乗り物が好き。バンコクにも北京~ハノイは鉄路で赴任しました。近著に『人民元の興亡 毛沢東・鄧小平・習近平が見た夢』https://www.amazon.co.jp/dp/4093897719

吉岡桂子 最新のツイート

著書

 『人民元の興亡 毛沢東・鄧小平・習近平が見た夢』(小学館、2017年5月)https://www.amazon.co.jp/dp/4093897719   『問答有用 中国改革派19人に聞く』(岩波書店、2013年11月)    https://www.amazon.co.jp/dp/4000253182/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_gJtszbDTTD3QC   『愛国経済 中国の全球化(グローバリゼーション)』(朝日新聞出版、2008年4月)https://www.amazon.co.jp/dp/4022599421/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_GNtszbYAC8JNW

写真から吉岡桂子のニュースを見る

  • 入札のあった高速鉄道を含む鉄道の整備計画を宣伝するパネル。タイ国鉄は単線も多く、改善は長年の懸案だ=2018年10月、バンコク・フアランポーン駅、吉岡桂子撮影
  • 線路を歩いて渡る人たち=16日、バンコク・ドンムアン駅
  • フランスのタイヤメーカー・ミシュランが製造したディーゼル車。ゴムタイヤを装備する。20世紀前半、雲南省とベトナムを結ぶ鉄路を旅客列車として走った。43席を備え、時速100キロで走れたと記録されている=2017年6月7日、雲南鉄路博物館、吉岡桂子撮影
  • 駐中国イスラエル大使を務めたマタン・ビルナイさんの「談話録」。中国でのみ出版された。表紙には、一帯一路の支持者であると記されている=2018年10月1日、バンコク、吉岡桂子撮影
  • 早坂治敏さん
  • パナソニックと中国の40年
  • パナソニックと中国の40年
  • 新幹線について説明を受けるインドのモディ首相(中央)=2017年9月14日、インド・アーメダバード郊外(共同通信代表撮影)
  • シャンシャンとシンシンの見学は5月当時、ゾーンが4カ所に区切られ、30秒ごとの移動を求められた。行列に並んだ末のわずか2分の出会いだった=5月28日、吉岡桂子撮影

朝日新聞社のツイッター展開や「公認アカウント」について

朝日新聞社は、新たな発信や読者のみなさんとの対話をめざして、各部門、総局、取材チームなどのグループや、記者個人によるツイッター活用をすすめています。さまざまなテーマや取材拠点から、記事の裏話や紙面で紹介できなかった写真も掲載しているほか、さまざまな出来事の実況中継も試みています。

各記事の見出しの上にある ツイッターにこのエントリを登録 ボタンを押すと、ツイート用の短縮URLと見出しが表示されます。

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】「音のカーテン」で騒音を遮断

    睡眠時や集中したい時に使える

  • 写真

    【&TRAVEL】豪華客船でショーを観劇

    現代風「鶴の恩返し」〈PR〉

  • 写真

    【&M】可士和氏「神は細部に宿る」

    今治タオル事業での新戦略

  • 写真

    【&w】安藤和津さんに聞く

    プラチナの魅力〈PR〉

  • 写真

    好書好日一条ゆかり、デビュー50年

    原動力は究極のナルシシズム

  • 写真

    WEBRONZA外国人労働者拡大の危うさ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン山本編集長が語る選ぶべき靴

    ビジネスで最適な一足とは?<PR>

  • 写真

    T JAPAN勅使川原三郎、ゼロに還る勇気

    プロとして表現し続けるために

  • 写真

    GLOBE+中国に学ぶ時代が来た?

    連載「創業@中国」

  • 写真

    sippoブログで見かけた柴犬

    やっぱり犬を飼いたい!

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ