メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

記者ページ

吉岡桂子(編集委員(アジア総局@バンコク駐在))

twitter icon

 編集委員。2017年6月からアジア総局(バンコク)駐在。毎週木曜日朝刊のザ・コラムの筆者の一人。
 上海(04年~05年)、北京(05年~07年、10年~13年)特派員。中国や日中関係を視座を変えてウォッチします。現場や対話を大事に、時に道草もしながら、テーマを追いかけます。鉄道を筆頭に、乗り物が好き。バンコクにも北京~ハノイは鉄路で赴任しました。近著に『人民元の興亡 毛沢東・鄧小平・習近平が見た夢』https://www.amazon.co.jp/dp/4093897719

吉岡桂子 最新のツイート

著書

 『人民元の興亡 毛沢東・鄧小平・習近平が見た夢』(小学館、2017年5月)https://www.amazon.co.jp/dp/4093897719   『問答有用 中国改革派19人に聞く』(岩波書店、2013年11月)    https://www.amazon.co.jp/dp/4000253182/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_gJtszbDTTD3QC   『愛国経済 中国の全球化(グローバリゼーション)』(朝日新聞出版、2008年4月)https://www.amazon.co.jp/dp/4022599421/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_GNtszbYAC8JNW

写真から吉岡桂子のニュースを見る

  • 任正非・華為技術(ファーウェイ)最高経営責任者。会見は、目黒雅叙園のカフェが好きな妻の意見を採り入れて設計された喫茶室で行われた=2019年5月18日、深<Asajikai sjis="●(●はセン,土へんに川)">圳</Asajikai>市の同社本部、吉岡桂子撮影
  • 華為技術の任正非CEO
  • 取材に応じる華為技術(ファーウェイ)の任正非CEO=2019年5月18日、中国深<Asajikai sjis="●(●は土へんに川)">圳</Asajikai>市、吉岡桂子撮影
  • 又吉直樹さんの「火花」(右)と清少納言の枕草子(左)=2019年3月6日、西安市の書店「言几又」、吉岡桂子撮影
  • ブダペスト東駅=2018年12月6日、ブダペスト、吉岡桂子撮影
  • ハンガリーとセルビアを結ぶ列車=ベオグラードセンター駅
  • 華為技術(ファーウェイ)の展示。商品の端末を淡々と並べてあった。「5G」の看板は隣の米半導体大手クアルコム=2019年1月8日、ラスベガス、吉岡桂子撮影
  • G20の記念撮影に臨む安倍晋三首相ら=11月、ブエノスアイレス
  • アリペイの進出先/ビットコイン採掘グループのシェア
  • 中国国際輸入博覧会の中国国家展のコーナーで、高速鉄道「復興号」のシミュレーターを楽しむ外国人の来場者ら。習近平国家主席も各国の首脳を案内した=2018年11月6日、上海市、吉岡桂子撮影
  • 定期貨物列車「中欧班列」の模型と地図を見学する人ら=11月6日、上海
  • 入札のあった高速鉄道を含む鉄道の整備計画を宣伝するパネル。タイ国鉄は単線も多く、改善は長年の懸案だ=2018年10月、バンコク・フアランポーン駅、吉岡桂子撮影

朝日新聞社のツイッター展開や「公認アカウント」について

朝日新聞社は、新たな発信や読者のみなさんとの対話をめざして、各部門、総局、取材チームなどのグループや、記者個人によるツイッター活用をすすめています。さまざまなテーマや取材拠点から、記事の裏話や紙面で紹介できなかった写真も掲載しているほか、さまざまな出来事の実況中継も試みています。

各記事の見出しの上にある ツイッターにこのエントリを登録 ボタンを押すと、ツイート用の短縮URLと見出しが表示されます。

PR注目情報

注目コンテンツ