メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

記者ページ

吉岡桂子(編集委員(アジア総局@バンコク駐在))

twitter icon

 編集委員。2017年6月からアジア総局(バンコク)駐在。毎週木曜日朝刊のザ・コラムの筆者の一人。
 上海(04年~05年)、北京(05年~07年、10年~13年)特派員。中国や日中関係を視座を変えてウォッチします。現場や対話を大事に、時に道草もしながら、テーマを追いかけます。鉄道を筆頭に、乗り物が好き。バンコクにも北京~ハノイは鉄路で赴任しました。近著に『人民元の興亡 毛沢東・鄧小平・習近平が見た夢』https://www.amazon.co.jp/dp/4093897719

吉岡桂子 最新のツイート

著書

 『人民元の興亡 毛沢東・鄧小平・習近平が見た夢』(小学館、2017年5月)https://www.amazon.co.jp/dp/4093897719   『問答有用 中国改革派19人に聞く』(岩波書店、2013年11月)    https://www.amazon.co.jp/dp/4000253182/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_gJtszbDTTD3QC   『愛国経済 中国の全球化(グローバリゼーション)』(朝日新聞出版、2008年4月)https://www.amazon.co.jp/dp/4022599421/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_GNtszbYAC8JNW

写真から吉岡桂子のニュースを見る

  • 岡山大学そばのイチョウ並木=11月、岡山市(岡山大学法文経学部同窓会事務局提供)
  • 宮崎桂・JICAガバナンス・平和構築部長。女性で初めてJICAタイ事務所長を9月まで務めていた=11月17日、東京都千代田区
  • カルビー・タナワット(タイ)社長の有馬るねさん=本人提供
  • 飯田知枝さん=東京都内
  • 宮崎桂・JICAガバナンス・平和構築部長。女性で初めてJICAタイ事務所長を9月まで務めていた=2020年11月17日、東京都千代田区、吉岡桂子撮影
  • カルビー・タナワット(タイ)社長の有馬るねさん=本人提供
  • エゴンゼンダー・ビジネスアナリストの飯田知枝さん=東京都内
  • TPP11の署名を終え、並んで手を振る閣僚ら=2018年3月、チリ・サンティアゴ、伊藤舞虹撮影
  • 地域的包括的経済連携(RCEP)の署名式で、拍手するベトナムのフック首相(左)と、スクリーンに映る中国の李克強首相(右から2人目)ら=15日、AP
  • 環太平洋経済連携協定(TPP)の参加12カ国による首脳会合の冒頭、記念写真におさまる(左から)オーストラリアのターンブル首相、ブルネイのボルキア国王、カナダのトルドー首相、チリのバチェレ大統領、日本の安倍首相、マレーシアのナジブ首相、米国のオバマ大統領、メキシコのペニャニエト大統領、ニュージーランドのキー首相(肩書はすべて当時)=2015年11月、マニラ、飯塚晋一撮影
  • 宗像直子氏。経済産業省時代、シンガポールとの間で日本初のFTAの立ち上げやTPPへの参加、交渉にかかわった(本人提供)
  • アジアの経済協力をめぐる動き/アジア太平洋地域の自由貿易圏の枠組み
  • 閣議後会見で「気候危機宣言」について述べる小泉進次郎環境相=2020年6月12日、環境省、水戸部六美撮影
  • 日本で暮らすパンダ
  • 毎年恒例の秋のネットセールで7兆円以上を売った中国ネット通販で最大手のアリババ。アジア各国からも売り込みを競う。日進月歩の電子商取引のルール作りは道半ばだ=2020年11月11日、浙江省杭州、西山明宏撮影
  • 日本にとってRCEP参加国との貿易額は半分近くを占める
  • 習近平国家主席ら国家指導者や優れた理工系人材を輩出する清華大学。世界大学ランキングでは東京大学より上位でアジアトップを走る。発祥となった清華学堂は、清朝末期に中国人学生の米国留学の準備のための学校として設置された=2019年4月29日、北京・清華大学、吉岡桂子撮影

朝日新聞社のツイッター展開や「公認アカウント」について

朝日新聞社は、新たな発信や読者のみなさんとの対話をめざして、各部門、総局、取材チームなどのグループや、記者個人によるツイッター活用をすすめています。さまざまなテーマや取材拠点から、記事の裏話や紙面で紹介できなかった写真も掲載しているほか、さまざまな出来事の実況中継も試みています。

各記事の見出しの上にある ツイッターにこのエントリを登録 ボタンを押すと、ツイート用の短縮URLと見出しが表示されます。

PR注目情報

注目コンテンツ