現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 地球環境
  5. 記事

南極異変、色づく夏 気温上昇、藻が氷河染める

2008年4月6日3時0分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真ペンギンの生息地は、気温の上昇とともに発生するスノーアルジー(雪氷藻類)が氷河を覆い、花畑のように色づいていた=南極・ベルナツキー基地から約10キロのピーターマン島、小林裕幸撮影地図南極半島の地図表ベルナツキー基地の年平均気温の変化

 南極大陸から南米へ細長く張り出した南極半島の夏は、思いのほか色づいた世界だった。「スノーアルジー」と呼ばれる藻類(雪氷藻類)が大発生し、氷河をピンクや緑に染めていた。岩肌にはコケが広がり、ペンギンの営巣地はぬかるみや水たまりが目立つ。年平均気温は半世紀で3度近く上昇している。

 3月上旬。夏の終わりに南極半島で降っていたのは、雪ではなく雨だった。日中の気温も氷点下にならなかった。「この時期は雪が積もっていてもおかしくないのに」。南緯65度にあるウクライナのベルナツキー基地でカリャギン・ユゲニー隊長は言った。基地の周りには、むき出しの岩肌が広がり、点在する氷河はあちこちで色づいていた。

 氷を彩る雪氷藻類は、赤潮になぞらえ「赤雪」とも呼ばれる。夏に氷が解ける氷河なら世界中どこでも見つかり、南極でも報告例はある。氷が解けている期間が長いほど、また光を遮る積雪が少なく雨が多いほど大発生しやすい。ただ、長年研究してきた幸島司郎・東京工業大准教授は、写真を見て「これほど濃いピンクや緑は見たことがない」と驚く。

 ベルナツキー基地は1940年代から気象観測を続けている。50年間の年平均気温の上昇幅は約2.8度。地球平均は100年で0.74度の上昇なので、はるかに急激だ。半島のほかのどの観測点も気温が上がる傾向にある。

 生態系にも異変は及んでいる。約30年間の観測で、南極で自生する種子植物の個体数が基地の近くで最大25倍にも増えた。冬に氷が必要なアデリーペンギンは65%減る一方、氷がなくても平気なジェンツーペンギンが増えている。

 半島を挟んで基地の反対側の「ラルセンB」と呼ばれる陸から海にせり出した氷(棚氷)は02年、約1カ月で東京都の約1.5倍の面積が大崩壊した。今回の訪問中に半島のつけ根で新たな崩壊が起きていることがわかった。

 基地から700キロほど南西の「ウィルキンス棚氷」(約1万6千平方キロ)。大きな氷山が分離し、崩壊が始まる様子を今年2月末、米国の人工衛星がとらえた。英南極調査所によると、崩壊は3月上旬で琵琶湖の8割にあたる570平方キロまで拡大している。(安田朋起)

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内