現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事

セシウム汚染牛肉の販売店名、大阪府が公表の方針

2011年7月20日21時29分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 放射性セシウムに汚染された稲わらを与えられた牛の肉をめぐり、大阪府は20日、暫定基準値を超えた牛の肉や基準超過の疑いのある肉を消費者に売った小売店などに回収を促すため、店名を公表する方針を決めた。橋下徹知事は「不安感が風評被害につながる。行政も小売店もしっかり説明することで、こういう問題に耐える力が社会に醸成される」と説明した。

 府は原則、基準値を超えた肉は食品衛生法に基づき、小売店や飲食店に回収命令を出し、疑いのある肉については自主回収を要請する。今後、他の食品にも適用する方向で検討する。ただ、保健所が府の所管でない大阪、堺、東大阪、高槻の4市内の店は対象外。

 店名の公表は自治体で対応が割れており、橋下知事は「食品の流通は国全体の問題。統一ルールをつくるべきだ」と国の対応を批判した。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧