現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事

避難した夜の歌、決意込め再び 南三陸町の中学で卒業式

2011年3月29日7時52分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:卒業式で「道」を合唱する志津川中学校の3年生たち=28日午後4時35分、宮城県南三陸町志津川、越田省吾撮影拡大卒業式で「道」を合唱する志津川中学校の3年生たち=28日午後4時35分、宮城県南三陸町志津川、越田省吾撮影

 津波で市街地がほぼ壊滅した宮城県南三陸町の志津川中学校で28日、延期されていた卒業式が開かれ、96人が巣立った。大津波の夜、口ずさんで励まし合った歌を、この日は新たな道に踏み出す決意を込めて歌いあげた。

 津波が町をのみこんだ11日は卒業式の前日だった。学校は高台にあり、生徒は無事だったが、家には帰れない。停電した校舎で、避難した住民約250人と夜を過ごした。

 あかりは理科室から持ち出したろうそくだけ。情報もなく、不安が募る。そんなとき、3年1組の教室から歌声が響いた。

 〈思い出が時間を止めた 今日の日を忘れるなと〉

 人気グループ、EXILEの曲「道」。式のために練習した歌を誰かが口ずさむと歌声が広がり、下級生も加わって大合唱になった。

 半月遅れで迎えた卒業式。式には校内で避難生活を送っている住民も参加した。停電でマイクは使えず、菅原貞芳校長(58)が大きな声で一人ひとりの名前を読み上げた。卒業生代表の山内拓さん(15)は「心の中は不安でいっぱいですが、希望の光をともさなければいけません」と決意を述べ、あの曲を卒業生全員で歌った。町の復興を願う歌声が、体育館に響き渡った。(武田肇、三浦英之)

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧