現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事

野田財務相「東電、上場維持し補償」 仮払い26日から

2011年4月26日11時24分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 野田佳彦財務相は26日午前の閣議後会見で、福島第一原発事故に伴う多額の賠償金支払いが予想される東京電力について「上場しながら、万全の補償(賠償)ができるようにすることが大事だ」と述べた。

 賠償金支払い枠組みの政府原案でも、東電は存続して上場を維持しながら、自己資金や新設する機構からの資金支援で賠償金を支払うとしている。

 一方、海江田万里経済産業相は閣議後の会見で、原発周辺住民への賠償金の仮払いが26日に始まると明らかにした。25日夜までに4700件の申請があり、26日は112世帯の口座に、東電が各100万円(単身世帯は75万円)を振り込む。東電によると同日午前に振り込みを始めたという。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧