現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 特集
  4. 東日本大震災
  5. 記事

1号機の原子炉格納容器、圧力計修理に着手 東電

2011年5月11日10時39分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

図:修理する原子炉の計器拡大修理する原子炉の計器

 東日本大震災で被災した福島第一原発1号機の原子炉建屋内で、東京電力は11日午前、原子炉格納容器の圧力計の修理に取りかかった。格納容器内の圧力を測り、中にある水の量を推測するためだ。

 東電は原子炉を安定的に冷やすシステムの構築を目指している。その前提として、燃料がきちんと冠水しているか、継続的に確かめる必要がある。

 1号機では、核燃料を冷やすため、原子炉圧力容器を覆う格納容器ごと水で満たす作業に取りかかっている。しかし、地震や事故によるとみられる計測器の故障で、どれくらい水が入っているかわからなくなっている。

 10日には圧力容器の水位計の修理も実施された。11日には、圧力容器内にどれくらい水が入っているかを確認できるまでになる見通しだ。

 このほか、窒素の注入機器や原子炉や燃料プールへの注水に使っていた1、2号機の電源について、午前中にも2、3倍の容量がある電源へ切り替える。冷却システムの設備を動かすために必要になる電源を確保するためだ。(杉本崇)

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

東日本大震災アーカイブ

グーグルアースで見る被災者の証言

個人としての思いと、かつてない規模の震災被害、その両方を同時に伝えます(無料でご覧いただけます)

プロメテウスの罠

明かされなかった福島原発事故の真実

福島第一原発の破綻を背景に、政府、官僚、東京電力、そして住民それぞれに迫った、記者たちの真実のリポート

検索

亡くなられた方々

| 記事一覧