羽生 vs チェン
頂の、その上へ

2019.12.5公開

chevron_right

AP

今季のグランプリファイナルが5日、イタリアのトリノで開幕する。
羽生結弦は、ライバルへの対抗意識を隠さない。

「ネーサン選手との戦い、みたいにしか思っていない。やっぱり勝ちたい」

ロイター

完敗だった

昨季の世界選手権、羽生はネーサン・チェン(米国)に大差をつけられ、2位だった。羽生は300.97点、チェンは323.42点だった。

ショートプログラム(SP)で4回転サルコーが2回転になったのが響いたが、羽生の思いは違った。

「ノーミスでも、ギリギリ勝てなかった。完全に力不足だなって」

負けない2人

今季のグランプリシリーズは、ともに2戦2勝。

ロイター

AP

得点でみると、羽生が上回っている。
今季のGPシリーズで比べると、スケートカナダの羽生は322.59点、フランス杯のチェンは297.16点だ。

ロイター

チェンはフリーの後半のジャンプでGOE(出来栄え点)が低かった。

羽生は今季のチェンを見て、こう思う。

「ネーサン選手はこんなものじゃないっていうのは、すごく分かっている。彼のベストと戦いたいなっていう気持ちで常にいます」

ハイレベルの戦いの先に、羽生が求めるもの。
クワッド(4回転)アクセルへの挑戦だ。

勝負の時
グランプリファイナル

男子SP
日本時間12月6日 5:10~

男子フリー
日本時間12月7日 21:00~