メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月01日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

空襲・戦火の記憶

東京大空襲

大阪大空襲

全国各地の空襲

もっと知るQ&A

関連キーワード

  • 空襲被害(2008年09月20日 朝刊)

    B29戦略爆撃機による本格的空襲は1944年6月から始まった。当初は軍需工場が標的だったが、一夜で約10万人の命が奪われたとされる45年3月の東京大空襲以降、無差別爆撃にかわった。全国約230都市が被災し、60万人近い死者が出たとされるが、国は犠牲者の調査はせず、実数は不明だ。大阪への空襲は44年12月から45年8月14日まで約50回に及び、うち100機以上に爆撃された大空襲は8回。最も被害が大きかった45年3月13〜14日の大空襲では1733トンの焼夷(しょうい)弾が投下され、大阪市中心部の約21平方キロ(阪神甲子園球場530個分)の約13万6千戸が焼けた。

【証言動画】語り継ぐ戦争

早乙女勝元さんが伝えたいこと

消された戦争

 戦争の記憶と記録はどう消され、どう残されてきたのか。次世代に何をつなぐことができるのか。公文書改ざん・破棄が問題となる今、改めて見つめ直す「消された戦争」の物語を日本地図に落とし込みました。

動画で聞く被爆証言

被爆者アンケート

「ビジュアル年表」戦後編

戦後70年 動く年表特集ページ

フォトギャラリー

ニュース一覧

朝デジSP

PR情報

PR注目情報

注目コンテンツ