メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月06日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

見送られた津波対策

 福島第一原発事故をめぐり、東電の元会長ら3人が業務上過失致死傷の罪で起訴された事件。9月の一審判決は全員無罪の結論だったが、その捜査や公判の記録が各地の原発関連の民事訴訟に送付され、記者はその多くを閲覧した。記録から浮かび上がる事実をたどった。

■奥山 俊宏 編集委員 89年入社。著書『秘密解除 ロッキード事件  田中角栄はなぜアメリカに嫌われたのか』(岩波書店)で第21回司馬遼太郎賞。同書に加え、福島第一原発事故やパナマ文書の調査報道で日本記者クラブ賞(2018年度)。そのほか著書に『ルポ 東京電力 原発危機1カ月』(朝日新書)『検証 東電テレビ会議』(朝日新聞出版)など

最新の動きを見る

PR注目情報

注目コンテンツ