現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. プロ野球
  5. 2010クライマックスシリーズ
  6. 記事

クライマックスシリーズ(CS)

メニューをスキップ

「形残したかった」「目いっぱいいった」中日ナインひとこと

2010年10月24日11時23分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

(23日、中日4―3巨人 セCS最終S第4戦)

 ○小田(中) 今CS初出場で4回に先制の2点二塁打。「試合に出る喜びを感じつつ、何か形に残したかった。本当に良かった」

 ○浅尾(中) 9回に2失点するも、サヨナラ勝ちでCS初白星。「守りたかった。最後決めてくれて良かった。救われました」

 ○井端(中) 今CS初安打を放ち、先制につなげる。「出た時は仕事をするだけです。良かった」

 ○山本昌(中) 自身のポストシーズン最年長登板記録を約2年更新した先発マウンドは、5回途中無失点。「目いっぱいいきました。ゼロでつなげて良かった」

▼山本昌(中)がポストシーズン最年長登板

 23日のCS最終ステージ第4戦に45歳2カ月で先発登板し、2008年のCS第2ステージ第1戦(対巨人)での自らが記録した43歳2カ月を更新した。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

スポーツコラム

ビルドアップ日本フットボール 福西崇史

J2活性化した昇格決定戦、改善の余地も(12/20)
ビルドアップ日本フットボール
 今季からJ2は三つ目の昇格枠が、3位から6位による昇格決定戦で争われた。リーグで3位に及ばなかった……