現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. プロ野球
  5. ドラフト2010
  6. 記事

ドラフト2010

メニューをスキップ

日ハム指名・愛工大名電の谷口選手「本当にうれしい」

2010年10月29日0時33分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:チームメートと記念撮影をする谷口雄也君(中央)=春日井市熊野町拡大チームメートと記念撮影をする谷口雄也君(中央)=春日井市熊野町

 28日にあったプロ野球のドラフト会議で、県内からは第92回全国高校野球選手権愛知大会の5回戦で敗れた愛工大名電の谷口雄也選手(3年)らも指名された。

 日本ハムに5位で指名された谷口選手は、春日井市の合宿所でチームメートと共に吉報を待った。2時間ほど待機した午後7時ごろ、スカウトから「これからよろしく」という電話を受けた。「何巡目でもよかったので本当にうれしい」とほっとした表情を見せた。高校通算44本の本塁打を放った強打者。「打って投げて走れるオールラウンドプレーヤーになりたい」と活躍を誓った。

 今年2月にチームメートの徳浪康介君(当時17)を交通事故で亡くすという悲劇も経験した。「康介の分も頑張るから、天国で見守っていてほしい」と話しているうちに涙ぐんだ。出身地、三重県四日市市から合宿所に駆けつけた父親の勝也さん(47)は「小さい頃から希望していた夢がかなえられた。皆さんに感謝したい」と話した。

 一方、トヨタ自動車からは荒波翔外野手(24)が横浜から3位指名された。高い身体能力を生かした守備や走塁が売り。「ロッテの西岡選手のように、塁に出て走ってチャンスメークする選手になりたい」と語った。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

スポーツコラム

ビルドアップ日本フットボール 福西崇史

J2活性化した昇格決定戦、改善の余地も(12/20)
ビルドアップ日本フットボール
 今季からJ2は三つ目の昇格枠が、3位から6位による昇格決定戦で争われた。リーグで3位に及ばなかった……