現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. プロ野球
  5. ドラフト2010
  6. 記事

ドラフト2010

メニューをスキップ

「早く試合に出たい」ヤクルト1位の山田、期待の走攻守

2010年10月28日20時48分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:ヤクルトから1位指名され会見する履正社高の山田哲人選手=筋野健太撮影ヤクルトから1位指名され会見する履正社高の山田哲人選手=筋野健太撮影

(28日、ドラフト会議) 

ヤクルト1位の履正社高・山田は大阪府豊中市の同校で会見。興奮から顔を赤らめ「まさか1位なんて頭が真っ白になった。全力で頑張りたい」。走攻守がそろう大型遊撃手は、巨人・坂本にあこがれるが「守備位置はどこでもいい。それよりも早く試合に出られる選手になりたい」とプロでの活躍を夢みる。恩師の岡田監督は「これだけ伸びた選手は初めて。3割、30本塁打、30盗塁を狙える選手になってほしい」と激励した。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

スポーツコラム

ビルドアップ日本フットボール 福西崇史

J2活性化した昇格決定戦、改善の余地も(12/20)
ビルドアップ日本フットボール
 今季からJ2は三つ目の昇格枠が、3位から6位による昇格決定戦で争われた。リーグで3位に及ばなかった……