現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. プロ野球
  5. ドラフト2010
  6. 記事

ドラフト2010

メニューをスキップ

つる岡捕手は横浜、岸投手は巨人 愛媛MPから2人指名

2010年10月29日0時43分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:指名を受けてガッツポーズをするつる岡賢二郎捕手(右)と岸敬祐投手=28日、松山市内拡大指名を受けてガッツポーズをするつる岡賢二郎捕手(右)と岸敬祐投手=28日、松山市内

写真:ドラフト会議後に会見するつる岡賢次郎捕手(左)と岸敬祐投手=28日、松山市内拡大ドラフト会議後に会見するつる岡賢次郎捕手(左)と岸敬祐投手=28日、松山市内

 28日に東京であったプロ野球ドラフト会議で、愛媛マンダリンパイレーツ(MP)のつる岡賢二郎捕手(23)=つるは雨かんむりに鶴=が横浜ベイスターズから8位で指名され、岸敬祐投手(23)が読売ジャイアンツから育成選手枠2位で指名を受けた。松山市内の球団事務所で会見したつる岡捕手は「プロを目指して埼玉から愛媛の地に来ました。自分を支えてくれた方々への感謝の気持ちを忘れません。指名に満足することなく、一日も早く1軍でプレーできるように頑張ります」と声を詰まらせた。

 岸投手は「また新たなスタートがきれ、うれしいです。プロで活躍して恩返しすることを約束します」と話した。

 つる岡捕手は埼玉県出身。日本体育大学から今季、愛媛に入団。強肩が売り。岸投手は兵庫県出身。関西学院大から大阪ゴールドビリケーンズを経て、今季から愛媛に入団。左腕投手。先発として後期リーグ2位に貢献した。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

スポーツコラム

ビルドアップ日本フットボール 福西崇史

J2活性化した昇格決定戦、改善の余地も(12/20)
ビルドアップ日本フットボール
 今季からJ2は三つ目の昇格枠が、3位から6位による昇格決定戦で争われた。リーグで3位に及ばなかった……