現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. プロ野球
  5. ドラフト2010
  6. 記事

ドラフト2010

メニューをスキップ

「本塁打打てる選手に」ソフトバンク2位・柳田悠岐選手

2010年10月29日14時28分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:チームメートに胴上げされる柳田悠岐選手=広島市安佐南区拡大チームメートに胴上げされる柳田悠岐選手=広島市安佐南区

 広島経済大(広島市安佐南区)4年の柳田悠岐(やなぎた・ゆうき)選手(22)は、ソフトバンクに2位指名された。「監督をはじめサポートしてくれたみんなのおかげ」。まずは感謝の気持ちが口を突き、新たな舞台での活躍を誓った。

 指名後、報道陣約30人が集った大学の会議室に現れ、「本当に指名されるか不安でいっぱいだった」とほっとした表情を見せた。チームの印象は「毎年Aクラスに入るチーム。ファンも熱く楽しみ」と語り、「(ソフトバンクの)松中信彦選手のような大きなホームランを打てる選手になりたい」と意気込んだ。

 広島市出身。八幡少年野球クラブシニア、県立広島商業高へ。中央大学の入部選考に落ち、広経大に進んだが、広島六大学リーグの4年間で最優秀選手賞1回、首位打者4回、ベストナイン6回の成績を残した。身長187センチ、体重89キロの恵まれた体格で50メートル走を5秒9で走り、遠投も120メートルという、走攻守そろった選手として注目されていた。

 龍憲一(りゅう・けんいち)監督は「身体能力が高くまだまだ伸びる。明るく物おじもせず素材としては申し分ない」と太鼓判を押す。

 チームメートに胴上げされ、「すごく期待されていると思う。早く試合に出て活躍している姿を見せたい」と喜んだ。(村形勘樹)

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

スポーツコラム

ビルドアップ日本フットボール 福西崇史

J2活性化した昇格決定戦、改善の余地も(12/20)
ビルドアップ日本フットボール
 今季からJ2は三つ目の昇格枠が、3位から6位による昇格決定戦で争われた。リーグで3位に及ばなかった……