現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. プロ野球
  5. ドラフト2010
  6. 記事

ドラフト2010

メニューをスキップ

広島指名・中崎投手「日本シリーズで兄と投げ合いたい」

2010年10月29日0時32分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:金川豪一郎監督(右)と握手して喜ぶ中崎翔太投手=日南市拡大金川豪一郎監督(右)と握手して喜ぶ中崎翔太投手=日南市

 28日のプロ野球ドラフト会議で、日南学園の中崎翔太投手(18)が広島に6位指名された。兄は2008年のドラフトで西武に1位指名され、同球団に入った中崎雄太投手。「プロの厳しさは兄から聞いている。走り込みをして入団に備えたい。将来は日本シリーズで兄と投げ合いたい」と飛躍を誓った。

 中崎翔太投手は、日南市にある野球部の寮で3年生の部員たちと一緒にテレビでドラフト会議の中継を見ていて、広島の6位指名を知り、報道陣に「プロは小学校の頃からあこがれの世界。熱望していたので、うれしいです。将来は、日本を代表する投手になりたい」と抱負を語った。

 186センチ、90キロの右の本格派。金川豪一郎監督は「地元・日南でキャンプをする広島に指名され、ほっとした。チームの大黒柱に成長して欲しい」と活躍に期待した。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

スポーツコラム

ビルドアップ日本フットボール 福西崇史

J2活性化した昇格決定戦、改善の余地も(12/20)
ビルドアップ日本フットボール
 今季からJ2は三つ目の昇格枠が、3位から6位による昇格決定戦で争われた。リーグで3位に及ばなかった……