現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. プロ野球
  5. ドラフト2010
  6. 記事

ドラフト2010

メニューをスキップ

巨人指名・宮国投手「伝統ある球団、光栄」

2010年10月29日1時9分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 28日のプロ野球ドラフト(新人選択)会議で、68選手が指名された。沖縄からも糸満高の宮国椋丞投手が巨人から指名され、喜びの声をあげた。

 「巨人が2位です」。電話連絡を受けた糸満高の上原監督が叫び、宮国は笑顔をみせた。「野球を始めた頃からずっとテレビで見ていたチーム。伝統ある球団に入団できるのは光栄です」。創立64年で初のプロ野球選手の誕生だ。台風の直撃で全員帰宅していた3年生の野球部員らが、保護者とともに駆け付けて大騒ぎになった。

 甲子園には1度もいけなかったが、夢は持ち続けた。この日の会見前、沖縄大会で投げ合った興南高の島袋から「一緒に大学でプレーしたい気持ちもある」とメールをもらった。こう返した。「同じチームでやりたいけど、小さい頃からの夢だから、プロになりたい」

 上原監督は「磨かれていないダイヤモンドの原石」と評価する。夏から身長は1センチ伸びて185センチに、球速も伸びて計測器で149キロを記録。伸び盛りの18歳は「プロでこれから伸びていく自信はあります」と宣言した。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

スポーツコラム

ビルドアップ日本フットボール 福西崇史

J2活性化した昇格決定戦、改善の余地も(12/20)
ビルドアップ日本フットボール
 今季からJ2は三つ目の昇格枠が、3位から6位による昇格決定戦で争われた。リーグで3位に及ばなかった……