現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. プロ野球
  5. ドラフト2010
  6. 記事

ドラフト2010

メニューをスキップ

「直球磨き早く1軍に」南陽工・岩本投手、阪神と仮契約

2010年11月21日0時40分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:タイガースの帽子をかぶせてもらい、畑山俊二スカウト(左)と握手する岩本輝投手=周南市拡大タイガースの帽子をかぶせてもらい、畑山俊二スカウト(左)と握手する岩本輝投手=周南市

 プロ野球のドラフト会議で阪神に4位指名された南陽工業高校(周南市)3年の岩本輝(あきら)投手(18)が20日、周南市のホテルで球団と仮契約を結んだ。契約金は4千万円、年俸は600万円(金額は推定)。12月上旬に正式な入団発表が予定されている。

 終了後、会見した岩本君は「一日も早く1軍のマウンドに上がりたい。藤川球児投手のような直球を投げられるよう、もっと直球を磨いていきたい。新人王もチャンスがあれば取りたい」と抱負を述べた。契約金の使い道については「両親をはじめ、今までお世話になった人に恩返しをしたい」と述べた。

 球団の畑山俊二スカウトは「先発完投型として次の時代の主力投手になるよう期待している」。同席した母の早苗さん(45)は「先輩に愛されるようがんばってほしい」と思いやっていた。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

スポーツコラム

ビルドアップ日本フットボール 福西崇史

J2活性化した昇格決定戦、改善の余地も(12/20)
ビルドアップ日本フットボール
 今季からJ2は三つ目の昇格枠が、3位から6位による昇格決定戦で争われた。リーグで3位に及ばなかった……