現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. プロ野球
  5. ドラフト2010
  6. 記事

ドラフト2010

メニューをスキップ

プロ志望届の早大・斎藤佑樹「あとは天命待つだけ」

2010年10月16日0時0分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:早大の斎藤佑樹早大の斎藤佑樹

 プロ野球のドラフト会議を28日に控え、プロ志望届を出した早大の斎藤佑樹、大石達也、福井優也の3投手が15日、プロへの思いを語った。斎藤は「小さいころから目標としてきた舞台。上の世界でがんばっていきたい。あとは天命を待つだけ」と晴れやかな表情で語った。また、高校卒業時に大学進学を選んだことを振り返り、「迷いはなかった。今回も迷わずプロ志望届を出した。大学で遠回りしたとは思っていない」。大石は「大学でやってきたことを上でも生かしたい」と言い、福井は「みんなに愛される選手になりたい」と話した。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

スポーツコラム

ビルドアップ日本フットボール 福西崇史

J2活性化した昇格決定戦、改善の余地も(12/20)
ビルドアップ日本フットボール
 今季からJ2は三つ目の昇格枠が、3位から6位による昇格決定戦で争われた。リーグで3位に及ばなかった……