現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. プロ野球
  5. ドラフト2010
  6. 記事

ドラフト2010

メニューをスキップ

早大野球部側とプロ球団が面談

2010年10月22日10時42分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 プロ野球ドラフト会議を28日に控え、斎藤、大石、福井の上位指名候補3投手を抱える早大野球部側と各球団の面談が21日、始まった。面談は球団経営や育成方針を聞きたい早大側の希望で、選手はリーグ戦中のため同席せず、応武監督と斎藤の両親が応対。大石、福井については応武監督が内容を伝える。この日は日本ハム、阪神、広島、オリックスの4球団と面談した。日本ハムの大渕スカウトは「はっきりとした経営方針があり、監督、コーチが代わってもぶれないということを伝えた」という。22日には残りの8球団と面談する。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

スポーツコラム

ビルドアップ日本フットボール 福西崇史

J2活性化した昇格決定戦、改善の余地も(12/20)
ビルドアップ日本フットボール
 今季からJ2は三つ目の昇格枠が、3位から6位による昇格決定戦で争われた。リーグで3位に及ばなかった……