現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. プロ野球
  5. ドラフト2010
  6. 記事

ドラフト2010

メニューをスキップ

剛腕も涙 思い焦がれた巨人 沢村、エースナンバー希望

2010年10月28日19時35分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:巨人に1位指名され、涙を流して笑顔を見せる中大の沢村拓一投手=28日、東京都八王子市、西畑志朗撮影巨人に1位指名され、涙を流して笑顔を見せる中大の沢村拓一投手=28日、東京都八王子市、西畑志朗撮影

写真:巨人に1位指名され、チームメートに胴上げされる中大・沢村拓一投手=西畑志朗撮影巨人に1位指名され、チームメートに胴上げされる中大・沢村拓一投手=西畑志朗撮影

(28日、ドラフト会議)

 巨人の「一本釣り」が確定した瞬間、中大の沢村は目頭を押さえた。「望み通りになって本当によかった」。巨人以外なら入団を拒否するとうわさされるほど、思い焦がれていた。栃木・佐野日大高時代は無名。「何か目標があるなら、何かを犠牲にしなければいけない」という信念で野球だけに打ち込んできた。「2ケタ勝てる投手になりたい」。伝説の投手、沢村栄治と同じ姓。背番号18を希望し、巨人のエースを目指す。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

スポーツコラム

ビルドアップ日本フットボール 福西崇史

J2活性化した昇格決定戦、改善の余地も(12/20)
ビルドアップ日本フットボール
 今季からJ2は三つ目の昇格枠が、3位から6位による昇格決定戦で争われた。リーグで3位に及ばなかった……