現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. プロ野球
  5. ドラフト2010
  6. 記事

ドラフト2010

メニューをスキップ

「誇りを胸に結果出す」 ソフトバンク1位指名の山下

2010年10月28日20時19分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:ソフトバンクからの1位指名を受け、仲間に肩車される山下斐紹=習志野高野球部グラウンドソフトバンクからの1位指名を受け、仲間に肩車される山下斐紹=習志野高野球部グラウンド

(28日、ドラフト会議)

 ソフトバンクの1位指名を受けた千葉・習志野高の山下は「いち早く1軍に入り、正捕手として活躍したい」と繰り返した。古豪の主将で4番。2年春には選抜大会に出場したが、最後の夏は千葉大会準決勝で敗退した。「本当に悔しくて……。そのぶん、1位で指名を受けられたことはうれしいし、誇りを胸にプロでも結果を出したい」。捕手として「もっとリードを勉強し、投手を助けられる存在になりたい」と誓った。

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

スポーツコラム

ビルドアップ日本フットボール 福西崇史

J2活性化した昇格決定戦、改善の余地も(12/20)
ビルドアップ日本フットボール
 今季からJ2は三つ目の昇格枠が、3位から6位による昇格決定戦で争われた。リーグで3位に及ばなかった……