現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. プロ野球
  5. ドラフト2010
  6. 記事

ドラフト2010

メニューをスキップ

阪神指名・一二三投手「負けない自信ある」

2010年10月29日1時11分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 プロ野球のドラフト会議が28日、都内で開かれ、県内からは東海大学の伊志嶺翔大外野手がロッテに1位指名、東海大相模高校の一二三慎太投手も阪神に2位指名された。一方で、指名を待った向上高校の中野ジャスティン投手らは涙をのんだ。

 ロッテの1位指名が確定した伊志嶺選手は、平塚市の東海大学で記者会見した。上気した顔で「目標だったプロに指名されてうれしい」と喜びをかみしめるようにひと言。12球団OKだったそうだが、「1位指名は光栄」と繰り返した。

 「今はプロで通用する体じゃない。入団までにもっと鍛えたい」としながら、「守備や走塁を生かした自分のプレーで1年目からやってやろうという気持ち」と自信ものぞかせた。

 沖縄・宮古島出身で50メートルを5秒7で走る走攻守三拍子そろった外野手。小学生の時、キャンプに来た当時オリックスのイチロー選手にあこがれ、プロを目指した。「すべてに高いレベルを保つイチローさんみたいになりたい」と話し、「自分が活躍することで沖縄県や宮古島も盛り上がれば」と力を込めた。

 相模原市南区の東海大相模高校。夏の甲子園で同校を準優勝に導いた一二三投手は同校敷地内にある門馬敬治監督の自宅で、インターネットで緊張しながら指名を確認していた。大阪出身の一二三投手にとっては地元となる阪神からの2位指名に、門馬監督とかたく握手をしたという。

 同校であった会見では、阪神や周囲への感謝を繰り返し口にした。選抜大会は初戦で敗退し、今夏の大会前にフォームを横手に変えた。「自分自身、苦しい経験をした」。だがそれを乗り越え、夏の甲子園で40年ぶりの決勝進出と見事に結果を残し、「周囲の支えがあったから」と語る。

 ドラフト指名に「すごい衝撃を受けて、先々のことは考えられない」と話すが、自信はある。「(苦しい時に)逃げずに耐えて、精神的に成長できた」。プロ入りは今後、門馬監督や両親とも相談して決めるが、「毎日ジムに通って体を大きくしたい。(入団までに)できることはたくさんある」と前向きだ。「負けない自信がある」とはっきり語った。

    ◇

 ほかにも県内ゆかりの選手が多く指名された。

 地元の横浜は桐蔭学園高校出身で法政大学の本格派右腕、加賀美希昇(きしょう)投手を2位指名。横浜高校、東海大出身でトヨタ自動車の荒波翔外野手も3位で指名した。横浜創学館高校出身で走攻守に優れる八戸大・秋山翔吾外野手は西武の3位指名。東海大相模高校から東海大に進んだ七十七銀行の速球派右腕・小林敦投手もロッテに3位指名されるなどした。(安富崇、杉山高志、須田世紀)

関連トピックス

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

スポーツコラム

ビルドアップ日本フットボール 福西崇史

J2活性化した昇格決定戦、改善の余地も(12/20)
ビルドアップ日本フットボール
 今季からJ2は三つ目の昇格枠が、3位から6位による昇格決定戦で争われた。リーグで3位に及ばなかった……