現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. プロ野球
  5. ドラフト2010
  6. 記事

ドラフト2010

メニューをスキップ

前橋商・後藤選手、オリックスと仮契約 背番号は「8」

2010年11月22日0時43分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:目標は「3割・30本・30盗塁」と力強く語った後藤君=高崎市八島町拡大目標は「3割・30本・30盗塁」と力強く語った後藤君=高崎市八島町

 プロ野球オリックス・バファローズにドラフト1位で指名された前橋商業高校の後藤駿太外野手(17)が21日、高崎市内のホテルで同球団と仮契約を結んだ。背番号は高校1年の秋からつけ、慣れ親しんだ「8」に決まった。後藤君は「日に日に実感がわき、プロ生活への楽しみが増してきた。丈夫な体をつくり、1軍のレギュラーを目指す」と意欲を語った。

 一けたの背番号について、会見した球団は「期待の表れ」(熊野輝光・編成部副部長)。走攻守三拍子そろった後藤君は、かつてオリックスに所属したヒーローにちなみ「上州のイチロー」と呼ばれるが、熊野氏は「バッティングのパワーは入団時のイチローよりも上。早い段階でイチロー2世になるんじゃないかな」と評価した。

 後藤君は「イチロー選手はすごすぎる選手で、自分が(上州のイチローと)言われていて申し訳ない」と恐縮していた。それでも、目標は、「支えてくれた両親など周囲への恩返しとして、3割30本30盗塁を目指す」と宣言した。

 会見を見守っていた父の義之さん(48)と母の美智代さん(48)は「活躍してほしいけど、食事などに気をつけ、けがしないで頑張ってくれることが一番」と話した。

関連トピックス

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

スポーツコラム

ビルドアップ日本フットボール 福西崇史

J2活性化した昇格決定戦、改善の余地も(12/20)
ビルドアップ日本フットボール
 今季からJ2は三つ目の昇格枠が、3位から6位による昇格決定戦で争われた。リーグで3位に及ばなかった……