現在位置:
  1. asahi.com
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. プロ野球
  5. ドラフト2011
  6. 記事

ドラフト2011

メニューをスキップ

プロ志望届締め切り=藤岡、野村、菅野ら提出

2011年10月13日21時6分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 日本高校野球連盟と全日本大学野球連盟は13日、プロ野球ドラフト会議(27日)で指名対象となる選手が提出するプロ志望届を締め切った。同日午後5時の集計で高校生87人、大学生74人が提出した。

 大学は藤岡貴裕(東洋大)、野村祐輔(明大)、菅野智之(東海大)の3投手や伊藤隼太外野手(慶大)ら上位指名が有力視される選手が届け出た。高校では高校日本代表でアジアAAA選手権の大会最優秀選手に選ばれた高橋周平内野手(山梨・東海大甲府)をはじめ甲子園大会で注目された釜田佳直(石川・金沢)、歳内宏明(福島・聖光学院)両投手らが含まれている。

 進学予定の吉永健太朗投手、畔上翔外野手(ともに東京・日大三)ら提出しなかった選手は、指名対象にならない。 

[時事通信社]

検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

スポーツコラム

ビルドアップ日本フットボール 福西崇史

J2活性化した昇格決定戦、改善の余地も(12/20)
ビルドアップ日本フットボール
 今季からJ2は三つ目の昇格枠が、3位から6位による昇格決定戦で争われた。リーグで3位に及ばなかった……